Title Image

Blog

日々のこと

以前twitterで「どういうネタに興味ありますかー?」とフォロワーさんに丸投げしたところ、「未経験からどうやってデザイナーになったのか?」というテーマに興味のある方が半数を占めたので、今回はそのことについて書きたいと思います。https://twitter.com/asobodesign/

先月クリエイティブ界隈の面白い先輩たちと食事をする機会がありました。キャリアも実力もある方ばかりなので緊張していましたが、とても気さくで優しく、楽しく過ごすことができました。皆さん目覚ましい活躍をされているので、ご紹介できればと思います。この機会にぜひフォローしてみてください。

twitterにアップした下記のつぶやきについて少し反響がありましたので、どういう写真の加工をしているのか簡単に紹介したいと思います。人気インスタグラマーさんのアドバイス通りにしたら、とてもインスタっぽくなりました。(左がBefore / 右がAfter)https://

デザイナーとして独立する前に、3つの会社を経験しました。その中で、素敵だなと思った上司もいれば、失礼ながら「ちょっと...」と思った上司もいました。将来的には人を採用したいという展望を持っているので、僕自身がいつかリーダーになる可能性があります。自分がそうなってしまわない用にという意味も込め

「情報発信が大事です」と普段から言っていますが、実際お前はどんなことしてるんだよ!と。現在の仕事スケジュールは、午前中はコンテンツ作りに割いていると言っても過言ではありません。記事ネタを探したり、海外のデザイナー(ネタ元)さんとメールしたり、外部ライターさんと打ち合わせをしたりしています。デ

公私ともにコンプレックスの塊で、定期的に自己嫌悪に陥りながら仕事をしていますが、最近ようやく色々なことに対して「楽しい」と感じることができるようになってきました。思えば、幼稚園に入園した初日からイジメられ、そこからイジメられっ子街道を中学校まで走り抜けました。今31歳なの

フリーランスのデザイナーであれば、デザイン費用に関する支払いのトラブルは1度や2度は経験されたことがあるかと思います。僕も何度か経験しています。こういう問題でまず話に上がってくるのが「契約書の有無」です。もちろん契約書があるに越したことはないと思いますが、フリーラ

バタバタと忙しく日々を過ごし、徐々に仕事が増えていく中で、なんとなくマッチョな価値観(頑張れば出来る的な精神論)に侵されていったことがあります。「頑張れば生活は良くなる!みんな頑張ればいいのに!」とか...もっと酷くなると「できない人は努力が足りない」とか...もちろ

新しい名刺デザインを試作しました。独立してからというもの、いくら出不精な僕でも名刺交換をする機会は圧倒的に増えました。(巷には名刺交換自体を目的にしたイベントすらあります。行ってないけど。)小規模な集まりであれば、冒頭にささっと名刺交換をすることは会話のネタが増え

3つの会社でデザイナーを経験させていただいた中で、デザイナーの採用に携わる機会が何度かありました。(人事部ではデザインの良し悪しを判断するのは難しいという理由から、人事部のサポート的立場で駆り出されていました。)正直なところ、中途採用については即戦力を求めますので、ポートフォリオのデザインレ