Home  /  blog (Page 8)

ブログで海外のデザイナーの制作物を紹介しているので、 掲載許諾の連絡をきっかけに 海外のデザイナーと色々お喋りをすることがあります。 結構"日本に今度行くよ"という人が多く、 実際に会うのも楽しそうだなと。 "ああ、ちゃんと英語勉強しないとな

休みの日は、家でコーヒーを飲んだ後、外でコーヒーをハシゴして、帰宅後に疲れを癒すためにコーヒーを飲むことのある私です。   特に人に誇れる趣味がないので、趣味の話を振られた時は、「ありません」と言うか「カフェ巡りです。コーヒーが好きです。」と言うのですが、同じコーヒー好き・カフェ好きな人がいた場合、少しややこしい展開になることがあります。  

ひと昔前は、"こうすれば大丈夫"というようなSEOテクニックがあったような気がしますが、今はもう全然ダメだと思います。 Googleの評価アップデートはリアルタイムに行われて、評価基準はどんどん変わるし、外部の人がパッとサイトを見てアドバイスするのは難しくなっています。 0点のものを50点にするという仕事なら僕も自信がありますが、80点を90点にするとなると、サイト運営に長く関わらないと厳しいんじゃないかと。

WEBを通じてデザインの仕事をしているので、9割のお客様の顔を僕は知りません。 もう3年の付き合いになるお客様もいますが、どういった方かは想像に頼るしかありません。それはそれで文通のようなロマンがありませんか(笑) 地域に根ざしていても、ネット上での商売であっても、「知ってもらう」というのは大きなテーマです。

はじめの会社に勤めていた時、僕は奈良で暮らしていました。 奈良に住んでいると、大阪に出てくる"だけ"で大変な労力で、話題のお店へ行くなんてことは大げさに言えば小旅行でした。 転職や色々なタイミングで少しづつ大阪に近づきながら、引越しを繰り返し、今は大阪のほぼど真ん中に暮らしています。

確定申告しなきゃと思いつつ、こうしてブログを書いています。日々お金については、良くも悪くも悩まされますよね。僕のような零細事業者は、泳いでいないと沈んでしまうので、余計にそう思います。 そのため、つい色んなことをお金目線で考えがちなのですが、"コスト"ってお金だけではないですよね。

忙しいと言いながら、ふと気づいたら、30代に突入して随分と月日が経ちました。20代前半の頃は30歳なんてすっかり成熟していると思っていましたが、情けないほどに、悩みや迷いが付きまといますね。 僕だけかと思いきや、そうでもなく。つい先日の飲み会でも、同世代の人たちは良くも悪くも色々課題を抱えていて、「みんなそうなのか。」と少し安心しました。

今年も相変わらず消極的な姿勢は変わっていません。 もう、積極的な消極性ですね。 ずっと事務所で仕事しています。 比較的明るい引きこもりです。 名刺交換会はやっぱり苦手だし(みんな凄そうだから) クリエイティブなことに意見を求められても困る(人それぞれだから) こうなの?ああなの?って議論しながら、方々に配慮して、落とし所を決めるのが得意じゃないんでしょうね。

error: