Skip links
エコに関する展示会の垂れ幕デザイン_1

環境に関する展示会のスタイリッシュな垂れ幕デザインを作成しました(サンプル作例)


エコに関する展示会の垂れ幕デザイン_1

モダンで都会のビルに馴染む垂れ幕デザインに仕上げました。

海や緑といった地球にある自然をブルーグリーン、太陽光や人とのつながり、フードロスといった要素をオレンジ、と環境にまつわる事柄やSDGsの目標などを2色で表現しました。

壮大な印象と多様性の尊重

地層や大気の流れを彷彿とさせるパターンをあしらって、壮大な印象にしています。ニュアンスの異なる同系色を組み合わせて、一律的ではない自然の複雑さや多様性の尊重といったメッセージを込めました。

垂れ幕デザインの作成依頼はこちら

都会的なデザイン

また、都会のビル群にも馴染むよう、洗練された図案、色使いになるよう心がけています。キャッチコピーは余白を大きく設けて、シンプルなフォントであらわしました。

視認性を高めたレイアウト

右側に大きくエキスポのタイトルを入れて、それよりもやや大きなサイズで開催日程を記載。道路から見上げた時に視認しやすいように、開催期間は下部に表記しました。

エコに関する展示会の垂れ幕デザイン_2

垂れ幕のフォントサイズの差で効果的にメッセージを伝える

垂れ幕は、さまざまなイベントや場面で使われる大きなバナーです。スポーツイベント、デモンストレーション、広告、または特定のメッセージを強調するためのものなど、その用途は多岐にわたります。しかし、その効果的な利用のためには、デザイン要素の1つとしてのフォントサイズが大きな役割を果たします。

視覚的強弱を生むフォントサイズ

まず、フォントサイズの違いは視覚的な強弱を生み出します。大きなフォントサイズは視覚的に目立つため、メッセージのキーポイントや重要な部分を強調するのに適しています。逆に、小さなフォントサイズは補足情報やサブテキストとして用いることができ、主要なメッセージとの関連性を保ちながらも、視覚的な混乱を避けることができます。

情報階層の視覚的提示

次に、フォントサイズの違いは情報の階層を示すことができます。たとえば、大きなフォントで主要なキャッチコピーを記述し、それに続く詳細情報や補足情報を小さなフォントで記載することで、情報の優先度や階層を視覚的に示すことができます。これにより、読者はどの情報に注意を向け、どの情報を次に読むべきかを直感的に理解することができます。

垂れ幕スペースを最大限活用

さらに、フォントサイズの違いを使うことで、垂れ幕のスペースを効果的に利用することができます。大きなフォントでのメッセージは遠くからも読み取ることができ、小さなフォントの補足情報は近くで詳しく読むことができます。このように、適切なフォントサイズを選ぶことで、垂れ幕の読者の位置や視点に合わせた情報提供が可能となります。

効果的なフォント利用の注意点

しかし、フォントサイズを効果的に使うためには注意が必要です。過度なフォントサイズの変更は視覚的な混乱を招く可能性があります。また、フォントサイズだけでなく、文字の間隔や色、背景とのコントラストなど、他のデザイン要素とのバランスを考慮することが重要です。

 

制作垂れ幕デザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

洗練された街に溶け込む垂れ幕デザインですね。

環境やエコをスタイリッシュに解釈

SDGsや環境に配慮する風潮を、エレガントかつスタイリッシュにデザイン化したところが魅力的です。地層のようなグラフィカルなデザインは、オレンジ色もグリーンがかったブルーのパターンもそれぞれに異なった美しさがあり、印象に残ります。それぞれのデザインが単体でも一枚の完成形として機能していて、さらには、2枚つなげても一つのデザインになるという構図もエコロジーを感じます。海外の美術館や博物館のパンフレットを彷彿とさせる意匠は、街に溶け込むデザインとしても優れているのではないでしょうか。

グローバルを意識した表記がGood

キャッチフレーズは日本語と英語であらわされています。また、開催日程も曜日が英語表記であったり、限られたスペースにグローバル様式を盛り込んでいる点に注目したいですね。掲示物の特性上、見る人はこのデザインを見上げるかたちになるかと思いますが、もっとも目線がいきやすい下段の部分に日程が大きめにレイアウトされているので見やすそうです。

都会のリズムに溶け込むエコのメッセージ

まず目を引くのはその洗練されたカラーリングです。ブルーグリーンとオレンジという2色を採用することで、自然と人間の相互作用を色彩的に表現していますね。ブルーグリーンは海や森をイメージさせ、オレンジは人間の活動やエネルギーを象徴する。これら2色が組み合わされることで、地球と人間、そして持続可能な発展を彷彿とさせるビジュアルが展開されているように感じます

構成要素のバランス

キャッチコピーの配置やフォント選択にも、センスを感じます。読みやすさと、周りのビジュアル要素との調和が適切に保たれていますね。また、エキスポのタイトルと開催日程は、重要度に応じて、うまく大きさと位置で調整されています。このような配慮が、全体の洗練された雰囲気に一層深みを与えているのではないでしょうか。

この垂れ幕デザインは都会の風景に馴染むだけでなく、見る人々にインパクトを提供することができます。展示会のテーマと環境意識を鮮やかに映し出した作例と言えそうです。

デザイナー
※掲載の横断幕は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載している横断幕デザインのモックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

横断幕・垂れ幕のデザイン作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top