Skip links
焼肉店のショップカードデザイン

焼肉店のショップカードデザインを作成しました。


焼肉店のショップカードデザイン

美味しそうな肉の写真を強調したショップカードデザインです。

シズル感のある霜降り肉に目を奪われる表面のデザイン。肉の写真をより一層美味しそうに見せるため、下段に設けた連絡先スペースは黒ベタにし、肉の「赤」を際立たせています。ロゴタイプの紺色、器の青、花の紫と青系の色味も適度な差し色となり全体の印象を引き締めています。

飲食店のショップカードの制作依頼はこちら

上質感の追求と明朝体の採用

裏面は、白を背景のベースにし、肉の写真と同列にカラーマップを掲載しています。文字はすべてスタンダードで品のある明朝体を採用し、上等な肉の品質と釣り合うようなすっきりとしたデザインを心掛けました。

焼肉店のショップカード_制作例_1

焼肉店のショップカード_制作例_2

焼肉店のショップカードデザイン依頼例

 

制作ショップカードデザインに対する感想 

VOICE ※第三者による感想です

美味しそうな肉が全面にアピールされたショップカードデザイン

さまざまな部位の赤色が食欲をそそる

オモテ面もウラ面も、さまざまな肉が所狭しとレイアウトされています。赤身に入った脂肪、サシの具合も多種多様で、それぞれのお肉はどんな風味なのかしら?と想像が膨らみますね。ひとくちに「肉」といっても実はさまざまな部位に分かれていて、見た目も味わいも全く異なるのだということを改めて認識できる写真たちです。

肉の鮮やかさを引き立てる白がポイントに

肉が並べられた白い皿、店名がレイアウトされた白い余白など、カードに用いられた「白」が肉の赤身をより美味しそうに引き立てるポイントとして効いています。文字色は黒か、背景色と文字色を反転させた白ですが、店名のみ上質な瀬戸物を彷彿とさせる藍色で表現しているのが美しいですね。よく見ると、写真に写った器にも同じような色が用いられています。食卓はさまざまな色が入り乱れがちで雑多な写真になってしまうこともありますが、肉の赤身を引き立てる場面を作ることでカードに一つの作品としておさまっているのが印象的です。

美味しさを引き出す焼肉店の名刺デザイン

・「肉」に焦点を当てる黒ベタのコントラスト

焼肉店ショップカードは、美味しさを引き出すデザインが際立ちます。表面は、赤い肉が目立つよう黒ベタの連絡先スペースに。青系の色味が差し色としてバランスを保ち、印象的な仕上がりです。

・裏面の上品さ

裏面は、白を基調にした背景に肉の写真とカラーマップを配置。上品な明朝体で高級肉に相応しい洗練されたデザインに。肉の質感やサシの違いも伝わり、味わいを想像させます。

白が肉の鮮やかさを引き立てるポイント。白い皿や店名の余白で赤身がより美味しそうに。店名には瀬戸物を彷彿させる藍色が採用され、印象的なデザインです。これがお客様の期待を高めることでしょう。

デザイナー
※掲載のカード・名刺は実際の内容や最新情報と異なる場合がございます。
※掲載しているカード・名刺のデザインサンプル・モックアップはイメージです。実際のサイズ・仕上がりとは異なる場合がございます。

ショップカード・名刺作成





Home
ご依頼・お問い合わせ
Top