比較画像

デザインノート

Googleの無料Photoshopプラグイン【Google Nik Collection】が凄い。

【Google Nik Collection】という無料のPhotoshopプラグインが凄いよ!と、デザイナーづてに耳にしまして、実際にインストールして使用してみました。

実際に使用してみた感想としては、確かにとても便利です!

プリセットが豊富なので、ボタン一つで「そうそう、これこれ!」とイメージ通りの写真の雰囲気を変えることができます。搭載されている機能・エフェクトをざっくりと紹介しますので、導入の参考にしていただければと思います。(全て一つのプラグイン内にある機能です)

 

Google Nik Collectionの便利機能

1.Analog Efex Pro

Analog Efex Proは名前の通り、昔のフィルムカメラで撮影したかのようなエフェクトになります。この写真はトイカメラ風に仕上っていますね。(写真は左側が元画像、右側が加工後になっています。左右にスワイプして比較することができます。)

こちらもAnalog Efex Proを使用したエフェクト。これはレンズの汚れのようなものが付着したようになっています。ヴィンテージ感のある仕上がりですね。何が便利って、この過程がワンタッチという点です。

 

2.Color Efex Pro

Color Efex Proは、色調補正を中心とした様々な効果を加えることができます。こちらもかなりプリセットが豊富で、ポチポチといろんな設定を試すだけでも結構楽しいです。また組み合わせ使用したり、微調整も可能ですので、仕事用としても使いやすい機能ですね。色かぶりを軽減したり、自然光の影響を加えたり…ニーズに合う機能がそこそこ揃っています。これ、どちらの写真もワンタッチ補正でこの仕上がりになりました。
すごいぞ、Google Nik Collection!

 

 

3.Silver Efex Pro

Silver Efex Proはモノクロ・セピア加工に特化した加工が可能です。ファッション雑誌のようなモダンな雰囲気から、ザラつきのあるフィルムノワール、レトロ感たっぷりのセピア写真まで。適当にとった写真もこの機能を使えば、なんとなくお洒落になる気がします。しつこいようですが、これも全てワンタッチで出来ちゃいます。

 

 

4.Viveza

Vivezaはポイントを指定して、その範囲内に一定のエフェクトを追加することができます。”調整したい部分だけに補正を適用できる”と公式にはありますが、これがなかなか難しく…個人的には「これならPhotoshopで普通に範囲選択する方が良いかも」と思ってしまう機能でした。確かに簡単には出来るのですが、思ったように仕上らない感があり、ちょっとヤキモキしてしまいました。
写真では、背景のオレンジ色の箱たちを落ち着いた色合いにし、モデルの顔のみ明るくしています。(でも、この機能については、正直使わないかなぁ…)

 

5.HDR Efex Pro

HDR Efex Proは名前の通りHDR(ハイダイナミックレンジ)写真を作成する機能です。パキッとしてコントラストの強めな、洋画のポスターなんかに用いられる雰囲気になります。本来、複数の露出の異なる写真を組み合わせて作るのですが、これは1枚の写真からでも大丈夫です。ネックとなるのは、HDRは元の写真の段階でそこそこ良い感じの写真でないと、仕上がりがイマイチになってしまうことです。(HDRしない方がカッコイイことも多い気が…)そもそもHDRタッチそのものが好みが分かれる所ですので、これもあまり使わないですかね…。でも「HDRな感じにしたい!」というオーダーに簡単に応えることが出来るという点では優秀な機能ですね。スポーツや雄大な景色等と相性が良いかなと思います。

 

6.Sharpener Pro

Sharpener Proは文字通り、写真の仕上がりをシャープにします。設定を強めれば、よりディティール・輪郭がハッキリした写真になります。元々ぼやけ気味の写真を引き締める事にも使えますね。設定も簡単で調整も利くので、使いやすい機能ではないでしょうか。


かなり強く設定すると写真にザラつきがでてしまいますが、それを利用してシリアスな雰囲気を演出するというのもアリかもしれませんね。

 

7.Dfine

これも非常に便利です。Dfineは写真に発生したカラーノイズを自動検知して、取り除いてくれます。暗所で撮影した場合・ライブフォト等で大きな力を発揮してくれる事と思います。ノイズが大幅に軽減されていることが分かります。ワンタッチかつ、自動で処理を行ってくれるので楽です。

 

 

という感じで、ざっくりですが【Google Nik Collection】の機能をまとめてみました。個人的にオススメの機能は「Color Efex Pro」と「Dfine」ですね。特に「Color Efex Pro」はプリセットが豊富で、カスタマイズも簡単なので、イメージ探りにも使える点が良いなと思いました。「Viveza」はかゆい所に手が届かない感が否めず、使わないかもしれません。他のGoogle Nik Collectionの機能はある程度エフェクトの方向性が定まっているので、ニーズに応じて使うという感じでしょうか。

何より【無料】というのが素晴らしいですね。これだけのプラグインなら他社では1万円以上するものもありますから。Photoshopをお持ちの方は、是非ダウンロードしてガシガシ使ってみてください。

 

ダウンロードはこちら
【Google Nik Collection】

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

  1. TOP
  2. デザインノート
  3. Googleの無料Photoshopプラグイン【Google Nik Collection】が凄い。

最近の記事

  1. 光がもたらす奥行きとドラマチックな陰影のデザイン
  2. 流体ならではの動き・きらめきを感じるグラフィック
  3. 人の顔と動物とシンクロさせた広告デザイン
  4. 隠されたメッセージを伝えるデザイン
  5. 脱力感のあるラフなデザイン

関連サイト

ASOBO DESIGN - チラシ・ポスターデザイン

 

LOGOLO - ロゴデザイン作成

 

PACK LABO - パッケージデザイン制作

 

MOSH DEISGN - フライヤー制作

 

RAKUUU - WEBデザイン作成


powered by
AMIX - 各種広告デザイン制作

  1. ロゴデザイナーインタビュー

    デザインノート

    600以上の賞を受賞したロゴデザイナーのインタビュー記事を掲載しました
  2. 夢の世界のようなグラフィックリミックス

    デザインインスピレーション

    夢の世界のようなグラフィックリミックス
  3. 広告会社とフリーランスの違い

    デザインノート

    広告制作会社 vs フリーランス
  4. レイヤーを活かした透明感が魅力的なグラフィック

    デザインインスピレーション

    レイヤーを活かした透明感が魅力的なグラフィック
  5. スマートフォンの啓蒙広告制作例

    ピックアップ海外デザイン

    世相を反映した“心”に訴えかける広告デザイン
PAGE TOP
WE♡D (WE LOVE DESIGN)では、優れた海外の広告デザインやクリエイティブに関わる記事などを紹介しています。