Skip links

ポスターの未来について〜デジタルサイネージとの共存

デジタルサイネージ

最近はデジタルサイネージが注目をされるようになり、徐々に紙のポスターからデジタルサイネージに移行しつつあります。

デジタルサイネージは動画を流すことができたり、瞬時に情報を更新することができるなど従来のポスターにはない様々なメリットがあるため、より効果的に宣伝をしようと考えている企業や人にとって非常に便利なものです。

それに対して従来の紙のポスターというのは、動画を流すこともできなければ情報の更新もできないので、スピードが何より優先される現代社会では少し時代遅れなものと思われがちです。

しかし、ポスターの役割が完全に失われてしまったのかというと必ずしもそのようなことありません。デジタルサイネージとの住み分けをすることで、まだまだ活躍の場面はたくさん残っています。

デジタルサイネージにはないポスターの良さ

デジタルサイネージにはないポスターの良さとしては、ポスターの手軽さがあり簡単に作ることができ簡単に掲示をすることができるという点にあります。

デジタルサイネージの機器というのは大分安くなってきましたが、ポスター一枚を制作することから比べればまだまだ割高です。更にデジタルサイネージ用の広告を作るにしても、スキルが必要となります。

それに対してポスターであれば、制作をする費用はそれほど大きなものではありません。スキルに関しても、特別な知識がなければできないというわけではありませんから、誰でも簡単に作れるという強みがあります。

更に掲示する場所を選ばないというメリットもあります。紙であるため至る所に掲示することができますし、デジタルサイネージと違って電源が必要ということもありません。

1枚当たりの単価が安いのも魅力

一枚の単価が安いので盗難されてしまった場合のリスクというのも少なく、機器を破損されてしまうということもないので管理にシビアにならずに済むという利点もあります。

単価が高くないので欲しい人に配るということもでき、デジタルサイネージではできない宣伝方法があるため、ポスターもまだまだ未来がある宣伝方法のひとつとなります。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!