Skip links

これからのチラシ・ポスターのあり方について

三井越後屋

チラシやポスターの役割とは一体何でしょうか。チラシやポスターといった宣伝方法がそもそも登場したのは、江戸時代の頃まで遡る必要があり、初めて配ったとされた企業は三井越後屋という江戸時代の三越でした。

キャッチフレーズである “呉服物現金安売り掛け値なし” という宣伝を書いた紙を配布して、宣伝活動を行ったのです。次第にそれが、おすすめの商品や安価な商品、または新たな店舗の情報を記載していくようになり、現在のチラシやポスターの基礎となっていきます。

チラシやポスターには宣伝の役割が根付いている

こういった経緯から見ても、チラシやポスターというものは商品のお知らせやお店の宣伝としての役割が根付いています。だからこそ、チラシデザインやポスターデザインというものは、より商品の情報が伝わりやすく、お客の目に印象が残るデザインを心掛けねばなりません。

インターネット上の広告による宣伝が主力となっている現代において、紙による宣伝であるチラシやポスターといった宣伝方法を軽視する方もいるかもしれません。わざわざチラシデザインやポスターデザインを、じっくり練ることなど無駄だと考える方もいるかもしれません。

地域性の高いビジネスには特に有効

しかし、チラシやポスターに関しては必ずしもそうではありません。特に、スーパーマーケットなどの地域に根差した業種ならばなおさら、チラシやポスターによる宣伝が大事です。インターネット広告のように広く浅い宣伝方法よりも、場合によっては高い宣伝効果を見込めることができるからです。

江戸時代の頃から続いてきた歴史ある宣伝方法であるだけに、これからもチラシやポスターのあり方は変わることはなく、宣伝方法の1つとして消えることはないでしょう。チラシデザインやポスターデザインを必死に練ることは決して、時代遅れでも無駄なことではないのです。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!