Skip links

紙媒体広告の使い分けについて(チラシ・ポスター・パンフレット)

紙媒体広告

近年はネット上の広告というものの出稿量が増えており、ネットがますます力を持つ時代と言われています。ただ、紙媒体独特の安心感というものがあり、電子媒体よりも紙媒体の方が好みだという人も少なくありません。

紙媒体と呼ばれるものには、チラシ・ポスター・パンフレットなどがあります。それぞれを使い分けることにより、効果的な広告を打つことができます。どのような時にこれらの紙媒体を使っていくべきかというのを知っておく必要があります。

チラシ

例えば、チラシの場合は新聞の折り込みやポスティングが多いため、特定の地域の情報を手にすることができる利点があります。近年、新聞を購読しない人が増えているものの、その代り、広告チラシだけを見ることができるサイトというものがあり、そこでカバーする人も増えています。

つまり、新聞の需要は少なくなっているにしても、チラシの重要はまだまだあることを意味します。そのため、その地域に特化した商売をするという場合にはチラシで勝負をかけるというのは、今も昔も効果があることを意味しており、侮ることはできません。

ポスター

一方のポスターですが、不特定多数の人が何度も見てしまうような場所に掲示をしておくことができれば、一層の宣伝効果が期待できます。例えば、駅やバス停など多くの人が利用し、目につきやすい場所にあれば、ついつい目を奪われます。

また、個人商店やコンビニなど多くの人が利用するところ、最近では郵便局や市役所などにも貼っておくことで多くの人が目にするでしょう。公共的な施設であれば、掲示費用を払えばきちんと掲載してもらえるため、安心です。なお多くの場合は広告審査があり、公序良俗に反するものや施設とそぐわないデザインは受け付けてくれないこともあります。

パンフレット

パンフレットということになると、その商品に対する説得力を持たせたい場合に必要です。例えば、数万円以上の買い物をするのに、資料がペラペラの紙一枚では不安です。これだけの値段がするのは、これだけの根拠があるというのを示すためにも、パンフレットはとても重要です。

このように同じ紙媒体でも、使い分けていくことでそれぞれで効果を発揮します。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!