Skip links

パッケージデザイン

PACKAGE DESIGN

ラベル・パッケージデザイン制作

昔の多くの食料品店では商品に固有のパッケージというものは存在せず、商品そのものが陳列され、買いに来る人達はお店の人から旬の情報や食べ方などを聞いて、目利きが選んだ食材を買っていました。現在、スーパーやコンビニなどでその役割を果たしているのは、店内POPやポスター、そしてパッケージデザインです。

同じ用途で開発されたたくさんの品物が売り場に陳列される中、商品の情報や他の商品とは異なる独自性を訴えるのがパッケージデザインの役割です。消費者が商品を手に取り購入するかどうかを決めるとき、最後に背中を押すのはパッケージデザインの力によるところが大きく、商品の魅力を雄弁に語るパッケージデザインは何にも勝る力強いセールスパーソンだといえます。

パッケージデザインが持つ役割とは

What is the role of package design?

01

思わず手に取ってしまう魅力的なデザイン

買うつもりではなかったのに、売り場で見かけた素敵なパッケージを思わず手に取ってしまった経験は多くの人に覚えがあることと思います。商品を買うまでにはいくつかのプロセスがあり、商品を認識してから購買行動に移すまでにある程度時間がかかるのが一般的です。しかし、パッケージデザインは、特定の商品が決まっていない場合や、決まっていてもそれを上回る印象を与えることで衝動的に購入に結びつけることができる広告ツール。売り場で効果的にアピールするデザインは販売促進の強い味方です。

02

「違い」を伝え、「信頼」を具現化する

単に商品の特性をパッケージデザインに反映しても競合に埋もれ、商品の良さを主張できない場合もあります。例えば、緑茶のパッケージだからといって、茶葉をイメージした緑色のラベルに商品名を入れるだけでは、競合と差別化するのは難しいでしょう。同じ市場にたくさんの競合がいる場合、他社の商品を研究し他にはない独自の要素を取り入れることが必要です。また、すでに他の商品で実績がある場合は、そこで得た信頼を生かすことが大変効果的です。すでに発売済みの他商品とテイストを統一し、同じブランドであることをアピールすることで、前商品の信頼により新商品にも手を伸ばしてくれる可能性が高くなります。

03

目に見えない「心地」を語る

はじめて買う商品は、食べてみなくてはわからない、使ってみなくてはわからないものがほとんどです。箱や袋に入った商品だと買って開けてみないと実物と対面できないものもたくさんあります。そんな商品の使い心地や味、機能など、買ってからはじめてわかる「フィーリング」を伝えるのもパッケージデザインの役目。写真やイラスト、キャッチコピーなどを駆使して商品の魅力を伝えましょう。

Example

ラベル・パッケージデザインの種類の一例

・箱型パッケージデザイン
・紙袋・ポリ袋パッケージデザイン
・パウチ・フィルム包装パッケージデザイン
・飲料缶・ボトル・シュリンクフィルムデザイン
・紙ラベルデザイン

パッケージデザイン作成例

WEB完結型のパッケージデザインサービス

AMIXが運営するASOBOADは、WEB上で依頼が完結するラベル・パッケージデザイン作成サービスを提供しています。小ロットの生産や試験販売にも対応できるリーズナブルな価格帯ながら、パッケージの設計にも造詣のある経験豊富なプロフェッショナルのデザイナーが、市場で存在感を発揮する本格的なデザインをご提案いたします。

メールでラベルやパッケージの仕様・ご要望をお聞きし、まずは見積りを行います。

承認いただいた後、デザイン制作に必要な掲載文面や素材、図面データなどをご提供いただき、デザインに着手いたします。完成した見本データをメールで送付し、校了までご確認いただいた後、データ納品となります。

当サービスは、パッケージデザインのほか、ブランディングに必要となるロゴデザインチラシパンフレットなどの紙媒体、ネーミング考案動画編集なども発注することができますので、用途に合わせてお申し付けください。

パッケージデザイン作成

外部サイトへリンクします

Our Works

デザイン事務所AMIXの制作スタッフ、及び協力・外部スタッフが各種デザインの作成を担当しています。

error: