Skip links

チラシやポスターを使ってイベントをPRしよう

イベント

チラシ広告の良さ

チラシやポスターは、イベントを告知したいときに最適な販促物です。どちらも視覚に訴えるものがあり、見た人の印象に残ります。それぞれ異なるメリットがありますが、チラシの良さは積極的にアプローチできることです。例えば、チラシをポスティングすることで、イベントを知らない人にイベントを知ってもらうことができます。また、チラシを店頭に置き、来店したお客様に配布するのもチラシの活用方法の一つです。

ポスター広告の良さ

一方、ポスターは、より受動的なアプローチになります。ポスターはチラシのような積極性はありませんが、目を引きやすい存在という魅力があります。通常、人通りの多い場所(壁や掲示板)に掲示します。例えばバス停や待ち合わせスポットなど、こういった人が集まりやすいところに貼っておくことで不特定多数の人に見てもらいやすくなります。

イベントに参加させる効果は手渡しするチラシよりは低いかもしれませんが、イベントの話題作りには一役買ってくれるでしょう。特に今はSNSでの間接的な各段なども期待できます。

それぞれの広告ツールの良さを上手く活用しよう

どのプロモーション・ツールを使うかを決める際には、イベントの目標を考慮することが重要です。より広範囲からの集客を求めている場合は、チラシが最良の選択肢かもしれません。話題性やSNS等でも拡散性を求めている場合は、ポスターが良い方法かもしれません。

効果的に宣伝するためにもデザイン性を意識した内容で作成することが大切です。見栄えの良さや分かりやすさ、目を引くキャッチーな宣伝文句など、興味を持たれるようなデザインではないと注目を集めにくくなります。どんな広告宣伝媒体を選択しても、日付・時間・場所など、イベントに関する重要な情報は忘れないようにしましょう。

ちょっとした工夫で、フライヤーやポスターを使って効果的にイベントを宣伝することができます。イベントの宣伝にチラシとポスターのどちらを使用するかを決定するには、予算、リーチしたい利用者・顧客、イベントを宣伝するために持っている期間を考慮することも大切です。 フライヤーとポスターの両方が優れた販促広告であり、それぞれが独自の利点を持っています。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!