Skip links

ターゲットを意識したパンフレットやチラシを活用して、効果的にお店を宣伝しよう

ターゲットを意識

商売をする上では広告費用は欠かせないものです。知名度の低いお店にいきなりお客さんを集めることは難しいでしょう。そこで重要になってくるのがチラシやパンフレットなどの広告物です。

新聞の折り込みチラシやポスティング広告などを配布すると、多くの方の目に留まる可能性が高い為、今も様々な事業者が取り組んでいます。近年ではインターネット上で配信している電子タイプのチラシやパンフレットなどもあり、多様な環境やメディアで企業は宣伝活動を展開しています。

ターゲットに最適化したデザインを心がけよう

チラシやパンフレットを作成する際に重要なのは、人目を引くデザインであることと、情報を提供することです。どんな商品を扱っているか、場所やお店のちょっとした説明なども取り入れて、お客様に知っていただく事が第一です。いかにして目に留まるか?どのような文章構成でチラシやパンフレットを作成するか?配色やキャッチコピーも重要になります。

これまで優秀な広告とされるものの多くは、インパクトのあるデザインやキャッチコピーが強い印象を与えています。

それ以上に重要になるのが、広告デザインをターゲットに最適化することです。広告デザインのターゲットとは、商品やサービスを購入・利用する人々の性別や年齢層を指しています。たとえば、10代後半〜20代前半の女性をターゲットに想定した商品やサービスを宣伝する場合、広告デザインもそれに合わせなければいけません。想定するターゲットに最適な広告デザインなら宣伝効果を高めることができ、商品やサービスが話題になる機会も大きいでしょう。チラシやパンフレット等の広告デザインをグラフィックデザイナーに依頼するときは、想定しているターゲット層を明確に伝えましょう。

配布エリアもターゲットを意識した選定を

また、ターゲットに最適化するのは、広告の見た目だけではありません。配布する場所もターゲットを考えて決める必要があります。チラシやパンフレットを作成したら、次のステップは、それらを配布することです。小部数かつ狭いエリアであれば自分たちで配布するのも一つですし、ポスティング業者に依頼するという方法もあります。

顧客が増えてきた場合には、会員制のダイレクトメールなどを配布することで、更に顧客との関係を強めることもできます。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!