Skip links

商品パッケージの持つ様々な役割とは

パッケージと流通

商品パッケージが持つ役割は様々ありますが、そのなかでも大事な役割は商品の保護です。

消費者のもとに届くまで商品の品質を維持する事は、提供する側にとって責務と言えます。そのため商品は、パッケージ、つまり容器や包装に包まれている(守られている)わけです。

商品を害から守る

商品を害する要因は大まかに2つあります。1つは外部の衝撃や熱など自然的な害、もう1つが異物の混入や人の悪意やミスによる外部的要因の害です。

前者は流通の際に発生する事が多いため、それを防ぐためにパッケージの材質やサイズなどに注意して開発されます。発売前に様々な環境で輸送テストを行うこともあります。

しかし、外部的要因(包装前・流通後)の保護はより難しくなります。製造の段階やパッケージの欠陥で異物が混入するケースは現在でも報告されており、人の悪意やミスによる害も度々発生しています。

食品に異物を混入する事件は、過去にいくつも起こっています。自然発生的な異物の混入は、包装技術の向上や製造管理の厳格化などの工夫で防ぐ事はできますが、人の悪意による害の防止は難しくなります。対応としては、細工がされたら一目で分かるようなデザイン性にする等が考えられます。食品の小包装等は防止策の一つと言えるでしょう。

厳格な管理が求められる医療関係のパッケージであれば、一度封が開いたかどうかが特に分かりやすい仕様のものが多くなっています。

消費者に情報を提供する

商品パッケージのデザインの役割は、情報の提供にあると言えます。

消費者へ購入を促すためには印象に残るようにアピールしなくてはなりません。チラシやWEBサイトにSNSなど、商品の情報を伝える場は多いですが、商品そのものに情報を付加させる手段ほど優れたアピールはありません。

そもそも現在の法律では、商品に必要な情報を提供する事が定められています。バーコードや商品の成分表示・取扱注意などです。これらを踏まえて、さらに商品の保護という目的を達成しつつ、限られたスペースでデザイン性を発揮しなくてはなりません。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!