Skip links

パッケージデザインは商品の売り上げを左右する!?

パッケージデザイン

商品さえ良ければ売り上げは上がると考えがちですが、必ずしもそうとはいえません。悪いものが売れるということはないにしても、良いものが多くの人に知られることなく売れなかったということは珍しくありません。

どれだけ素晴らしいものであっても、手にとって使ってもらわなければ良さが伝わりません。まずは手にとってもらうことも重要なことになります。

商品の品質に力は入れても、パッケージデザインは疎かにしてしまう…という話はよくあることです。パッケージデザインを重視しなかったばかりに、せっかくのすぐれた商品が埋もれてしまうことになるのです。

パッケージデザインは品質とリンクする

優れた商品を売るためには、宣伝にも力を入れるべきです。商品の第一印象を決めるパッケージデザインというのは、特に力を入れなければならないポイントになります。

商品が高級なのにパッケージデザインが安っぽかったり、品質が悪そうに思えてしまうと、消費者はその時点で購入の候補から外してしまいます。せっかくの良い商品が台無しになってしまいます。

パッケージデザインはブランドイメージに繋がる

パッケージデザインと品質というのは直接的な関連性のないものです。しかし、消費者はパッケージを見て品質やブランドイメージを判断をしているところが大きいため、手に取ってもらうことができるパッケージデザインは売上に繋がると言えます。見た目で消費者に訴求をすることができるパッケージデザインを作ることは、商品の品質を高めることと同じくらい重要です。

また、パッケージデザインが認知されて商品が売れれば、同じぐらいの競合製品があっても選んでもらいやすくなります。また、派生商品を売り出した時にもあのメーカー(パッケージデザイン)が販売しているものという印象を与えることができ、マーケティング上有利になります。

たかがパッケージデザインと思いがちですが、売り上げやブランディングを左右する大きな要素だということを忘れてはいけません。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!