Skip links

パッケージデザインが最後の広告と言われる理由

パッケージデザインと広告

広告は商品の存在を一般消費者に知ってもらうために必要不可欠な物です。魅力的な家電製品や最新技術を集結して製造したスマートフォンなども、広告を制作し世間の人々にPRしなければ、そもそも存在を広く認知されません。

なぜ有名企業がテレビCMを毎日のように行っているのか、この答えは簡単です。不特定多数の一般消費者に向けて広く自社の製品やサービスを知ってもらい、競合他社への顧客獲得競争に打ち勝つためです。

商品パッケージデザインも立派な広告

広告には色々な種類がありますが、商品パッケージデザインもまた立派な広告であり、業界では最後の広告とも言われています。テレビやネット動画でのPRは商品の存在を広く浅く一般消費者に知ってもらうための手法であり、言わば最初の広告です。

一方で商品パッケージを一般消費者が見るのは量販店などの店頭です。既にお買い物をする最後の最後の段階であり、手に取った上で買うか買わないかの最終結論を出そうとする時、デザインの良さで売り上げが変わります。

最近の一般消費者は先にネットの情報サイトで色々な製品の情報を仕入れています。あまり店頭で色々な製品を取捨選択するのではなく、予め自宅で比較検討していた二つ、三つ程度の製品に限り店頭で手に取ります。消費者が数十の案から数個の選択肢まで絞り込んだ時点で、製品間の純粋なスペック差は僅差になっているでしょう。

商品の良さ+αを伝える

パッケージデザインが良い製品が店頭で一般消費者に選ばれるのは、既にそこまでにスペックやコストパフォーマンスの面の比較検討が済んでおり、最後の最後は商品の箱が可愛いか、魅力的なコピーや自分の好きなマスコットキャラクターが描かれているか、という非常に感覚的な世界になります。今日世間的に大ヒットしている製品は例外なく魅力的な商品パッケージをしています。

素晴らしいポテンシャルを持っていたにも関わらず、商品パッケージがシンプル過ぎて一般消費者の目に留まらず、後にパッケージデザインを刷新したところ爆発的なヒットにつながった…という事例は一つや二つではありません。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!