Skip links

パッケージデザイナーの仕事・やりがいとは

デザイナー

パッケージデザイナーとは、商品のパッケージをデザインする職業のことを言います。パッケージデザイナーが、パッケージデザインを行う商品には、ジュースなどの飲料や、洗剤などの日用品、化粧品、お菓子などの食品などがあり、容器の形態なども様々です。

商品の中には、箱状・袋状のものなど、完成形が立体的な形になるものもあります。袋状の商品や箱などの、平面上のデザインを行う際には、グラフィックデザインと類似した作業が必要となりますが、立体的な容器のデザインを行う場合は、インダストリアルデザインのような作業をすることになります。そのため、立体的な商品への理解力や、パッケージの素材に関する知識、デザイン力、商品の完成形を明確にイメージできる能力が最も重要な仕事です。

パッケージデザイナーが持つ知識

パッケージデザイナーは、クライアントによって、様々な商品のデザインを行う職業であることから、商品開発時のコンセプトや、クライアントの希望条件、ターゲット層に向けた宣伝効果、表示しなければならない項目、色彩センス、商品の魅力のPR方法など、全ての条件を加味して、デザインを考えなければならず、理解力や多くの知識が必要です 。

パッケージデザイナーに資格は必要?

パッケージデザイナーになるための資格などは特に必要ありませんが、デザイン学校などで、デザインに関連する技能や知識を身に付けて、就職されるのが一般的です。パッケージデザイナーは、化粧品や日用品、食品などの製造メーカーのインハウスや、デザイン専門の事務所、広告代理店といった会社で雇用される場合が多く、フリーランスのデザイナーとして活躍されている方もいらっしゃいます。

自らがデザインを行った商品が、世に出回る機会が多いことで、やりがいのある仕事として支持されており、商品の機能をデザインでプレゼンする力や、視認性の高いデザインを作り出す力などが必須となるため、難易度の高い仕事の一つであると言えそうです。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!