Skip links

印象に残るチラシデザインを制作するにはどうするべき?

カフェ店員

チラシを作るときは見る人の印象に残るデザインにすることが大切です。どれだけ派手にしても印象に残らなければ、集客や訴求にはつながりません。そこで大切なのは見る人の立場で考えて製作することです。

多くの人は何分もかけてチラシを見続けることはありません。瞬間的に興味をそそられなければ、視線は素通りしてしまいます。つまり短時間で心を掴むための工夫を施すことが重要なポイントです。

 

画像や図を使って分かりやすくする

図解

そのためには分かりやすさを追求する必要があります。理解に時間がかかるデザインは印象に残らないどころか、嫌悪感を持たれてしまうかもしれません。そのような事態を避けるには、印象的な写真(画像)を積極的に使用するのがおすすめです。

文字と違って写真や画像はインパクトが強く、込められたメッセージも伝わりやすいです。プレゼンの資料でも文字を少なくして、写真や画像を多用する傾向があるのはそのためです。文字ばかりで息が詰まるような構成は避けて、図解をするイメージを持って作りましょう。

 

心に残るメッセージをチラシに加える

メッセージ

一方でメッセージを伝えるには、やはり文字によるアピールも欠かせません。伝えたいことを絞って、心に残るキャッチコピーを考えることが大切です。多くのことを伝えようとして、文章をたくさん書くのは良くありません。よほど興味がある人以外は読んでくれませんし、何が大切なのか伝わりにくいです。

場所や発売日といった情報は必要ですが、それ以外の情報はカットしてしまうのも一つの手です。そうするとキャッチコピーの存在感が強くなり、心に残りやすくなるメリットがあります。

 

ストーリー性のある構成で共感を得る

ストーリー

またストーリー性を重視する構成にすれば、読んだ人の印象に残りやすいです。たとえば問題を提起するスペースから、それを解決するスペースに続けるようなレイアウトが考えられます。

問題を読んで共感した人は、解決策を知りたいので読み進めるでしょう。解決策として商品やサービスが紹介されていれば、問題とそれらが結びついた状態で記憶に残ります。

 

その他気をつけたいこと

スケジュール

印象に残るチラシデザインを制作するためには、デザインを作成する前にターゲット層を明確にし、その人たちがどのような情報を求めているかを考えることが重要です。デザインには鮮やかな色彩を使って、視覚的なインパクトを与えることも効果的です。ただし、過剰な使用は逆効果となるため、控えめに使用することが大切です。

また、フォントの種類やサイズにも注意を払う必要があります。読みやすいフォントを使用し、大きさも適切なものに設定することで、情報の伝達がしやすくなります。さらに、チラシに独自性を出すことも大切です。同じようなデザインのチラシが多くなる中、目を引くデザインや独自のアイデアを取り入れることで、印象に残りやすくなります。

最後に、チラシの配布場所やタイミングも重要です。ターゲット層に合わせた場所やタイミングで配布することで、より多くの人にアピールすることができます。

 

error: Alert: Content selection is disabled!!