Skip links

企業やブランドがロゴマークを作ることの意味について

ロゴマークを作る

企業がロゴマークを作ることの意味としては、まずは企業や商品の認知度を上げることにつながることが挙げられます。

たとえば企業の場合、難しい名前であったり、あるいは母国語でないの名前であった場合、なかなか広く認知してもらうのは難しいことも考えられます。あるいは企業名から連想されるイメージと、手がけている商品の内容が合致しないことも少なくありません。

呼称以外で、企業やブランドを認知してもらえる

しかしロゴマークであれば、パッと目にしただけでイメージが連想されやすく、記憶にも定着しやすいものです。また、どのようなイメージのもとでそれを作るかと言うことも作り手の自由ですから、企業や商品の印象を左右することも可能です。加えて企業名、商品名を知らなくても、ロゴマークなら知っていると言う状況を生み出すことで、そこから興味の広がりを拡大させることも期待できます。

またロゴマークは図柄ですから、デザインとして様々な場所で使用できるメリットもあります。時には自社製品を直接利用しするよりも簡単に、多くの人に自社の存在を宣伝することが可能になることもあります。これもロゴマークを作る意味と言えるのではないでしょうか。

他社との差別化や帰属意識を高められる

更にロゴマークは、他社・競合商品との差別化を明確にすることにおいても、大きな意味を持っています。たとえば似たような性能を持ち、似たようなデザインの商品があったとします。そのままでは、自分たちの企業が製作した商品であると宣伝する・認識してもらうのはなかなか難しい場合があります。しかしロゴマークを利用すれば、その”マーク”によって簡単に自分の企業が製作したものであると訴えることができるようになります。

このような差別化は、自社にとってはその商品に携わっている人の気持ちを高めることや、協力体制を深めることにもつながります。ロゴマークの制作はプロのデザイナーに依頼しても良いですが、自社内でアイディアなどを募ると、そのことでも盛り上がりが期待できるかもしれません。最終的にプロのデザイナーにブラッシュアップしてもらうにしても、自社のブランディングに積極的に関わることは自社や製品に対しての愛着もわきやすくなるので、メリットは大きいと考えられます。
 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!