Skip links

展示会ブースで目立つためにパネルデザインを効果的に活用しよう

展示会ブース

展示会は新規顧客獲得のチャンスです。どこの企業も気合を入れて、イベントを成功させようと躍起になるものです。しかし、どれだけ優れた展示品があろうとも、見てもらうことができなければ意味がありません。

展示会というのは数多くの企業が参加をするわけですから、まずは自社の出展するブースに人を呼び込まないことには話になりません。

そこで重要となってくるのがパネルデザインです。なんだろう?見てみよう!と思わせることができるパネルを掲げていれば、それだけで集客効果は高まります。

パネルは展示会の優れたサポート役

展示会を行うとなると、展示するものばかりに気を取られて、そこに呼び込むためのパネル等の広告物をないがしろにしてしまいがちです。しかし、パネルというのは展示品と同じぐらいに重要なものとなります。担当者が不在の時、遠くからブースをチラリと見た時、展示物だけでは少し心もとないとは思いませんか?また、文字だけの案内ではどうしても印象に残りづらいものですし、多少のデザインがされていてもそれが印象に残らないようであれば、折角の展示ブースを活かしきれていないと言えます。

展示パネルというのは第一印象はデザインで決まるものです。目を引くようなパネルを作ることができれば、それだけでライバル企業に対して大きなアドバンテージを得ることができます。また、ブース内でのパネル展示レイアウトもしっかりと考えましょう。動線がわかりやすく、ナビゲートしやすい配置が理想的です。

身内に向けた案内なので、場所が分かれば別に構わない。というものであれば、地味でもインパクトの薄いものでも問題はありません。しかし、展示会で新規顧客獲得を目指しているというのであれば、パネルデザインでいかに目立つか?という点から始める必要があるのです。

デザイナーにパネルを依頼する際のポイント

外部のデザイナーに作成を依頼する際には、自社の特徴を伝えて、どのようなパネルを作りたいのか、細かいところまでしっかりと伝えるようにしましょう。プロのデザイナーと言っても、自分の会社の人間でなければ自社の特徴は全くわからないものです。求めるイメージをしっかりと伝えることが、魅力的なパネルデザインを作ってもらうことに繋がります。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!