Skip links
デザインに悩む女性

【目指せ反応率UP!】チラシ作成で失敗しないための注意点9選


デザインに悩む女性

「せっかく作ったチラシなのに、反応がイマイチだった…」「もっと効果的なチラシを作りたいけど、どこをどう改善すればいいか分からない…」

チラシは、商品やサービスの情報を効果的に伝え、顧客の購買意欲を高めるための重要なツールです。しかし、デザインや内容に工夫がなければ、せっかくのチラシも効果を発揮しません。

この記事では、チラシ作成の際に押さえておくべき注意点を9個紹介します。これらの注意点を意識することで、反応率の高い、効果的なチラシを作成することができます。

 

チラシ作成で失敗しないための9個の注意点

家族

1. ターゲットを明確にする

チラシ作成の最初のステップは、ターゲットを明確にすることです。ターゲットを明確にすることで、チラシのデザインや内容をターゲットに響くものにすることができます。

例えば、美容院のチラシを作成する場合、ターゲットは「20代〜30代の女性」なのか、「40代以上の主婦層」なのか、あるいは「30代〜40代の男性」なのか等によって、チラシの内容やデザインは大きく変わります。

ターゲットを以下の観点から具体的に絞り込みましょう。

  • 年齢層
  • 性別
  • 職業
  • 趣味や嗜好
  • ライフスタイル

ターゲットを明確にすることで、チラシを見た人が「これは自分向けだ」と感じ、興味を持ってもらいやすくなります。

2. 目的を定める

チラシを作成する目的を明確にすることは、効果的なチラシを作る上で非常に重要です。目的によって、チラシのデザインや内容は大きく変わってきます。例えば、

  • 新商品やサービスの告知
  • 顧客の来店促進
  • イベントの告知
  • 求人募集

など、目的は様々です。目的を定めることで、チラシに盛り込むべき情報や、伝えたいメッセージが明確になります。

3. キャッチコピーは短く、魅力的に

キャッチコピーは、チラシを見た人の目を引く重要な要素です。短く、分かりやすく、記憶に残るキャッチコピーを作成しましょう。

キャッチコピーは、

  • 商品のメリット
  • サービスの差別化ポイント
  • 顧客の悩みを解決する内容

などを盛り込み、読者の興味関心を惹きつけられるように工夫しましょう。また、具体的な数字やフレーズを使うことも効果的です。

例えば、「〇〇円OFF!」、「期間限定!」、「今なら特典付き!」など、具体的な情報を入れることで、読者の購買意欲を高めることができます。

 

デザインに関する注意点

チラシのデザイナー

4. デザインはシンプルに

チラシのデザインは、シンプルで見やすく、情報が伝わりやすいことが重要です。情報量が多すぎたり、デザインがゴチャゴチャしていたりすると、読者は見ているうちに疲れてしまい、チラシの内容に集中できなくなってしまいます。

デザインは、

  • 色使い
  • フォント
  • 画像やイラスト

などを効果的に使い、シンプルながらも目を引くデザインを目指しましょう。

5. 画像やイラストは効果的に活用する

画像やイラストは、チラシに視覚的な魅力を与え、読者の関心を惹きつけます。商品やサービスのイメージに合った画像やイラストを選び、効果的に活用しましょう。

ただし、画像やイラストの使いすぎは、かえってデザインをゴチャゴチャさせてしまうため、注意が必要です。全体的なバランスを考慮し、適切な画像やイラストを選び、配置しましょう。

6. フォントは読みやすく、統一感を出す

フォントは、チラシの視認性に大きく影響します。読みやすく、視覚的に美しいフォントを選び、統一感を出すことが重要です。

フォントの種類やサイズは、目的やターゲットに合わせて選択しましょう。例えば、高級感を演出したい場合は、ゴシック体よりも明朝体の方が適しています。また、若い層をターゲットにする場合は、カジュアルなフォントを選ぶと良いでしょう。

フォントの使いすぎは、デザインを乱雑に見せるため、基本的には2〜3種類までに絞り、見出し、本文、強調したい部分などで使い分けましょう。

 

内容に関する注意点

チラシ内容を考える

7. 分かりやすく簡潔な文章で書く

チラシの内容は、簡潔で分かりやすい文章で書きましょう。読者が一目で内容を理解できるよう、簡潔な言葉で説明し、難しい専門用語は避けるようにしましょう。

文章は、

  • 短く
  • 簡潔に
  • 具体的に

書くことを心掛けましょう。また、箇条書きや表などを効果的に活用することで、視覚的に分かりやすく情報を整理することができます。

8. 具体的な情報を盛り込む

チラシには、顧客が知りたい具体的な情報を盛り込みましょう。例えば、商品の価格、サービスの内容、イベントの日時や場所、求人情報の募集内容などです。

具体的な情報を盛り込むことで、読者はチラシの内容をより理解し、興味を持つことができます。また、問い合わせや来店に繋がりやすくなります。

9. 行動を促す言葉を入れる

チラシを見た人が、次にどのような行動を取ってほしいのか、明確に伝えることが重要です。行動を促す言葉を入れることで、読者の行動を誘導することができます。

例えば、

  • 「今すぐお電話ください!」
  • 「クーポンはこちら!」
  • 「詳細はこちらをチェック!」

などの言葉は、読者の行動を促進する効果があります。また、行動を起こすための具体的な方法を明記することも重要です。

 

チラシ作成に関するよくある質問

デザインミーティング

1. チラシのデザインソフトは何を使えばいいですか?

チラシのデザインソフトは、無料のものから有料のものまで、様々な種類があります。初めてデザインソフトを使う場合は、操作が簡単で、初心者向けの機能が充実しているソフトを選ぶことをおすすめします。

無料のデザインソフトとしては、CanvaやAdobe Expressなどが挙げられます。

これらのソフトは、テンプレートが豊富で、デザイン初心者でも比較的簡単にチラシを作成することができます。また、有料版にすることで、機能やテンプレートの幅が広がります。

より本格的なデザインを作成したい場合は、Adobe Photoshop や Illustrator などの有料ソフトを使用することも検討できます。ただし利用には専門的な知識が必要で、それなりの学習期間を要します。

2. チラシの印刷はどこで頼めばいいですか?

チラシの印刷は、印刷会社に依頼したり、コンビニ等で行うこともできます。印刷会社では、商用印刷用の印刷機で高品質な印刷が可能です。様々な種類の紙や印刷方法を選ぶこともできますが、費用が高くなる場合もあります。大量の印刷を行う場合にも適しています。

コンビニでは、手軽に印刷できますが、紙の種類や印刷方法が限定される場合があります。また、コンビニのプリンターは、独占して大量印刷を行うような利用は想定されていないと思われますので、あくまでも小ロットの場合に留めておいたほうが良いでしょう。自社にレーザープリンターがあれば、それを活用するのも一つかもしれません。ビジネス街であれば、オンデマンド印刷サービスのキンコーズを訪ねてみるのもオススメです。

印刷会社とレーザープリンター(コンビニ・自社・キンコーズ等)のそれぞれメリット・デメリットを比較し、ご自身のニーズに合った方法を選びましょう。

3. チラシの配布方法で効果的な方法はありますか?

チラシの配布方法は、ターゲットや目的によって異なります。効果的な配布方法としては、

  • ポスティング
  • 店頭配布
  • イベント会場での配布
  • 新聞折込
  • フリーペーパーへの掲載

などが挙げられます。ターゲット層が絞り込めるポスティングや、顧客との接点が作りやすい店頭配布などは、効果的な方法と言えます。

 

まとめ – 効果的なチラシ作成で集客力アップ!

この記事では、チラシ作成で失敗しないための注意点を9個紹介しました。これらの注意点を意識することで、反応率の高い、効果的なチラシを作成することに繋がります。

チラシは、顧客との接点を作る重要なツールです。効果的なチラシを作成し、集客力アップを目指しましょう。

チラシのデザイン作成依頼はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございます。共感する点・面白いと感じる点等がありましたら、【いいね!】【シェア】いただけますと幸いです。ブログやWEBサイトなどでのご紹介は大歓迎です!(掲載情報や画像等のコンテンツは、当サイトまたは画像制作者等の第三者が権利を所有しています。転載はご遠慮ください。)




サイトへのお問い合わせ・依頼各種デザイン作成について


Home
ご依頼・お問い合わせ
Top