Blog

Photoshop=料理論

【Photoshop=料理論】ズボラPhotoshopへの想いと、コンテンツについて

先日YouTubeで”ズボラPhotoshop” というコンテンツを立ち上げました。

簡単な手順で、格好良いビジュアルが出来ますよと紹介するコンテンツです。まだ第一弾しか発表していないのに、偉そうにすみません。ネタはたくさんあるのですが、まだまだ編集に不慣れでごめんなさい。

次も「おおー!簡単じゃん!」って感じていただけるものをアップいたしますので…。

 

ズボラというのが語感が良くて付けたのですが、決してPhotoshopやデザインを軽く見ているわけではありません。

でも、Photoshopの入口の敷居は決して高くないんです。

そこを感じて欲しいと思い、”ズボラPhotoshop”を配信する事を決めました。

 

Photoshop は 料理 だ!

Photoshopは料理

例えば、「料理ができますか?」と聞かれた時に「できる」と答える方はそれなりに多いと思います。しかし、その「できる」の範囲には大きな開きがありますよね。本当に簡単なテクニックでも日々の料理は作れます。反対に、どこまでも追求できる奥深さを料理は兼ね備えています。

料理とPhotoshopは、その点において似ています。

にも関わらず、Photoshop=難しい という認識を持たれていることが多いのです。こんなに便利で楽しいアプリケーションはなかなか無いのに!「Photoshopができますか?」と聞かれた時に「まぁちょっとくらいなら」と答えられる人を増やしたい。

 

失敗を楽しもう

失敗を楽しもう

“ズボラPhotoshop”を視聴いただいたら、ぜひ真似してみて欲しいと思っています。邪道かもしれませんが、オススメなのがうろ覚えでやってみることです(笑) こうだったっけ?と色々いじってみると、思いがけない素敵なビジュアルに仕上がることがあります。

失敗から生まれた名料理もたくさん存在します。間違ったボタンを押しても爆発したりしませんし、料理と違って時間を巻き戻すことができます。理想の味を何度も追求できる…Photoshopのなんと素晴らしいことでしょうか。