5月 2024

Home  /  2024

デザイナーとして独立して活躍するには、デザイン力だけでは不十分だと感じてしまうシーンが時々あります。勿論、デザインのスキルはとても重要ですが、それだけでビジネスを成功させるのは簡単ではありません。自分の興味や好きなことを活かして、デザインと掛け合わせることが重要ではないでしょうか。 

独立への第一歩 - なぜ独立を決意したのか今回はデザイナーとして独立を決意した理由について、少し掘り下げてお話ししたいと思います。独立を決めたのは、ズバリ、自分で自分のキャリアを築きたかったからです。会社員として3つの異なる会社で働く経験を通して、さまざまな仕事の流れやチームでの作業、業

10年近くフリーランスとして活動してきた中で、僕が学んだ貴重な教訓があります。それは「この調子でいけば...」という言葉がフリーランスの世界には存在しないのではないか...ということです。予想外の出来事に備えようフリーランスの道のりは、常に不確実性と隣り合わせです

ビジュアルを通じて人々に影響を与えることができる、デザインという仕事は、多くの人にとって魅力的に見えます。そしてフリーランスや自営業という働き方のスタイルも、同様に映るかもしれません。しかし、フリーランスデザイナーとしてデザイン力のみで生計を立て続けることは、非常にパワーを要すると僕は感じて

先日、奈良ホテルに宿泊する機会に恵まれました。奈良ホテルは、1909年の開業以来、多くの著名人や皇族をもてなしてきた、まさに「時を超える宿泊体験」を提供する場所です。内装の一つ一つが長い歴史を物語っており、ラウンジに置かれたアインシュタインが弾いたというピアノは、ただの装飾品ではなく、時代の

私たちがよく耳にする「一芸に秀でる」ことの価値について、ちょっと違う角度から考えてみたいと思います。現代社会では、歌が上手い人、絵が上手い人など、特定の分野で優れた才能を持つ人は確かに多くいます。しかし、それだけではなく、「得意なこと・詳しいことが3つくらいある」ことの重要性が、高まっている

小規模企業共済とは?中小企業経営者や個人事業主にとって、将来の安心を紡ぐ重要な制度が「小規模企業共済」です。いわば、経営者の退職金制度とも言えるもので、経営者自らが将来に向けて積み立てを行い、事業の廃業や自身の退職時などに備えるためのものです。長年にわたり、多くの経営者の支えとな

折角デザインが上手いのに、働き方が合わずに、デザイン業界から遠ざかってしまう人たちを何度か目の当たりにしたことがあります。デザイナーの労働環境はしばしば厳しいものです。勿論全ての会社や事業者がそうではありませんが、長時間労働と低賃金というコンボはジワジワとモチベーションを蝕みます。