Blog

考えるデザイナー

ポジションを把握して次の一手を打つ

フリーランスとして仕事をしていく中で、どういうポジションにいるのか?を把握することは、次に自分はどうするべきなのか?と同義だと思います。

 

依頼が引っ切り無しに来て一日中デザインをしている状態は、一見良さげではあります。しかし長い目で見ると危険だと思います。販促活動や自身のブランディングなど、新しい一手を打つことができない状態です。メーカーで例えるなら、今バカ売れの商品があるけれど、新しい商品開発ができていない状況と言えそうです。

繁盛して利益が出ているなら、業務を一部外注化したりスタッフを雇用したりして、拡大路線を狙うことができます。また、仕事をするクライアントを厳選し、利益を確保しながら業務をスリム化することもできるかもしれません。何れにしても、次の一手を打つ事が大切だと思います。

 

また逆に、フリーランスデザイナーにおいて時々耳にするのが、忙しいのに儲かっていないという状況です。謙遜であれば良いのですが、もし本当であれば単純に経営がうまく行っていないということになります。(創業期で色々と事情があって…ということなら良いのですが)

時間内で利益を高める一手を打つ必要があります。価格を改定したり作業効率を見直すことができれば良いですし、ただ単に値上げをすることが難しければ、付加価値をつけられるようなサービスを生み出す事が課題となりそうです。

 

何れにしても、1日中自分が手を動かしている状態であれば、アイデアを考える時間もへったくれもなくなってしまいます。疲れて1日がおしまいです。疲労を伴う充実感は時に現状をぼやけさせてしまいます。技術が凄まじいスピードで進化する昨今、「このまま食べていける」なんて幻想だと思います。だからこそ、自分の忙しさには常に疑いの目を向けて行きたいと思っています。

 

P.S.
フリーランスのデザイナーとして先日は初めてイベント登壇させていただき、とても貴重な経験を得る事ができました。主催者、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。また登壇内容についてはまとめたいと思います。

 

error: