Home  /  blog   /  素人の大学生が新卒でグラフィックデザイナーになるまでにやった事
デザイナーになるには

素人の大学生が新卒でグラフィックデザイナーになるまでにやった事

以前twitterで「どういうネタに興味ありますかー?」とフォロワーさんに丸投げしたところ、「未経験からどうやってデザイナーになったのか?」というテーマに興味のある方が半数を占めたので、今回はそのことについて書きたいと思います。

 

何度か書いているのですが、僕は関西外国語大学で外国語を勉強していました。未経験どころか、photoshopやillustratorというデザインソフトの存在すら知らなかったのです。

グラフィックデザイナーになりたくなったきっかけは、とても単純です。軽音楽部に在籍していたので、時々簡単なフライヤーをwordで作っていたのですが、それが結構楽しくて、本当になんとなく「これを仕事に出来たら楽しいだろうな」と思ったんです。

その頃僕は公務員になろうと思っていたのですが、友人の「やりたい事があるならその道に進むべきだ」という言葉に押され、ひとまず行動してみることに。

 

デザイン系のソフトを持っている人を友人づてに紹介してもらい、デザイナーになりたい旨を伝えたところ、

かえってきた返事は

「とりあえずポートフォリオを作ったほうがいい」

…ポート…フォリオ?

「イラストレーターとフォトショップを使って…」

待て待て、カタカナ多い。全部分からん。

 

色々聞いた結果、デザインソフトを駆使して作品集を作れ!ということだと理解しました。そうなんです。デザイナーの就職にはこのポートフォリオ(デザインの作品集)が非常に大切なんです。面接の前段階でポートフォリオの審査がほぼ存在します。一定以上のクオリティがないと、面接に辿り着けません。

早速僕は、かなり無理してmacとイラストレーター/フォトショップを購入。(アカデミック版が買えたので少しお得でした) それから参考書のような書籍を見ながら、自分でデザインを学び始めました。

結論から言うと、デザイナー採用の道は専門学校や芸大・美大生に比べると圧倒的に不利です。そもそも募集要項で学部が絞られている場合が多く、応募する権利すら無い場合があります。

 

そんな不利な状況で、どうすれば評価してもらえるだろうか。きっと美大生や芸大生は凄いものを作る。それに対抗して目立つには、『量』しか無い。量で熱を伝えよう。

そう思った僕は、その日からチラシやポスター、ロゴ等をバンバン作り始めました。勿論こんな素人に依頼なんて来ないので、知り合いのイベントや、架空のロゴなどです。この作戦は僕にとっては功を奏したと思います。単純に量をこなせば、上手くなるからです。また、何十ページにも及ぶずっしりとしたポートフォリオは確かにインパクトもありました。大量に印刷する必要があったので、人生で最もキンコーズに通った1年だと思います。

ここまででようやく、就職活動に挑むスタートラインに立てます。

デザイナーの面接

次は、いかに採用される確率を増やすかです。これはもう受ける会社を増やすに限ります。新卒採用でデザイナーを募集しているところは片っ端から受けました。学部を絞っている所には、メールで「ポートフォリオだけでも見て欲しい」旨を伝え、なるべく自分でチャンスを広げました。

実際そこまでする人は少ないので「なんか変な奴がいる(笑)呼んでみるか」みたいなノリで面接してくれる会社もありました(落ちたけど)

結果、かなり必死で取り組んで、内定をもらえたのが2社でした。(全部ダメなら諦めるつもりだった)

 

まとめると、

1.イラストレーター/フォトショップのスキルを身につける

ここで頓挫したら厳しいです。頑張りましょう!当時はソフトも何十万円としましたが、今はCreatvie Cloudで月額数千円で全ソフトが使える良い時代です。明日からでもチャレンジできますね。

2.なるべく実践的なポートフォリオを作る

作りたいものばかり作るのではなく、実際にイベントのチラシやカフェのロゴなど、クライアントが存在するものを作ったほうが良いです。面接のステップに進んだときに、ポートフォリオの中身についても色々聞かれるので、バリエーションがあった方が良いと思います。

3.とにかくデザイン系の会社を受けまくる

運の要素も大きいので、もう受けまくりましょう。メーカーのデザイン部が募集している場合もあるので、印刷・デザイン会社だけでなく、メーカーもチェックして見ましょう。自社でデザイン部を抱えているメーカーは意外と多いです。

 

…という感じでしょうか。

 

最後は”縁と運”なんて言うと元も子もない感じですが、その確率を最大限に高めるのが地道な努力だと思います。素人が唯一有利になる点があるとすれば、「なんでこいつデザイナーになろうと思ったんだ?」と言う素朴な興味を持たれる事でしょうか。そこをフックに、デザインへの熱をアピールできれば、良い縁に繋がるかもしれません。