Skip links

デザイン事務所で働いて学べること

デザイン事務所

デザイン事務所ではデザインを通して人々に情報を伝えるということを仕事にしています。広告代理店や出版社などから依頼を受けることが一般的ですが、デザインをするものはポスターやチラシだけに留まらず、書籍や雑誌の表紙デザインや店舗の看板など様々です。

デザイン事務所で働くことで、デザインだけでなく様々な領域の知識を身につけることができます。例えば、書籍や雑誌のデザインを手掛ける際には、タイポグラフィやページレイアウトの知識が必要です。また、店舗の看板をデザインする際にはブランディングやマーケティングの要点を理解する必要があります。これらの知識は、専門的な学校や研修で学ぶこともできますが、実際の現場での経験を積むことで、より深い理解とスキルの向上が期待できます。

 

クライアントとのコミュニケーション

デザインミーティング

デザインの打ち合わせの際に、クライアントの要望を聞きながらデザインを作成していかなければなりません。そのため柔軟なデザインスキルはもちろんのこと、クライアントとしっかり話をすることができるコミュニケーション能力が必要となります。

デザイン事務所での経験を通して、プロジェクトの進行やデッドライン管理、複数のタスクを同時にこなすタイムマネジメントのスキルが身につきます。効率的な作業フローや優先順位をつける技術は、単なるデザインスキル以上に実務での成功に繋がる要素となります。

多様なデザインスタイルと技術の習得

デザイン事務所では様々なクライアントやプロジェクトが存在し、その都度異なるデザインスタイルや技術が求められます。一つのスタイルに固定されず、多様なデザインの要求に応じる能力が養われます。

業界の最新トレンドのキャッチアップ

デザインの世界は日々進化し、新しいツールや技術、トレンドが登場します。デザイン事務所で働くことで、業界の最前線での動きをキャッチアップする環境に身を置くことができ、常に最新の知識や技術を習得する機会に恵まれます。

 

デザインスキルに留まらないプロ意識

クライアントはデザインによる情報伝達で利益をのばしたいと考えているからこそ、わざわざデザイン事務所に依頼をします。利益をのばすことができるかどうか?という結果はデザインによる影響も大きく関わってくることがあります。

その為、ただ楽しくデザインをするというのではなく、「クライアントの業績に影響を及ぼすことになるのだ」という緊張を感じながら仕事に取り組むということが大切です。これはデザインスキルだけではなくプロとしての意識が大切です。

デザイン事務所では、さまざまな業界や分野のクライアントからの要望に応える必要があります。デザイナーは業界固有の知識や、異なるターゲット層へのアプローチ方法を学ぶことができます。デザインだけでなく、マーケティングやブランディングの要点を理解し、それをデザインに活かすことが求められます。

デザイン提案の際の説得力

クライアントとのコミュニケーションの中で、自らのデザイン選択やコンセプトの背後にある意図を明確に伝えることは必須です。このプロセスを通して、説得力のあるプレゼンテーション技術や、自らのアイディアを効果的に伝える表現力を磨くことができます。

納期管理や効率的な作業方法

プロジェクトは多様で、同時に複数の案件を進行させることもしばしば。そのため、効率的な作業方法や、納期を守るためのタイムマネジメントは不可欠です。デザイン事務所での実務を通して、優れた作業効率や品質を維持しつつ、プロジェクトを進める方法を身につけることができます。

フィードバックを元にした改善

クライアントや上司からのフィードバックは、自らのデザインをより良くするための貴重な意見です。時には厳しい評価を受けることもあるかもしれませんが、それをポジティブに受け取り、デザインの改善に取り組むことで、自らのスキルアップに繋げることができます。

 

チームとしてのコミュニケーション

デザイン事務所

有名なアーティスト・デザイナーを見ても分かるように、デザインというのは実質的には1人で手掛けることが一般的です。その補助をする人が何人かいたとしても、最終的なデザインを進めるのは1人である場合が多いです。

デザインという仕事だからこその特徴だと言えるのですが、事務所に所属している以上は先輩上司の存在があり、チーム・組織として依頼を受けることも多くあります。自分の提案だけではなく、周りの人々の提案をうまく受け入れながら、どうデザインとしてまとめていくのかという柔軟さが必要となります。

リーダーシップの習得

初めは下積みとしてスタートするかもしれませんが、経験を積むことでプロジェクトをリードする立場となる日も来ます。そうした際に、チームメンバーやクライアントとのコミュニケーション、プロジェクトの進行管理、期日の守りなど、リーダーシップを取る上でのスキルやセンスを学ぶことができます。デザインだけでなく、プロジェクト全体を成功に導くためのスキルを身につけることが、事務所での経験を通じて得られる大きな成果の一つです。

コミュニケーション能力の重要性

良いデザインを作り上げるためにはコミュニケーション能力がとても大切ということです。1人で黙々とデザイン作業に没頭する場面も勿論あるのですが、それだけではなく、周りの人と協力しながら業務を遂行する場面も多いということを理解しておきたいですね。

 

まとめ

デザイン事務所

デザイン事務所で働くことは、単にデザインスキルを磨くだけではなく、クライアントとのコミュニケーション能力やプロ意識、チームとしてのコミュニケーション能力が必要となります。

クライアントの要望を理解し、それをデザインに反映するためには柔軟なデザインスキルとコミュニケーション能力が必要です。また、デザインはクライアントの業績に影響を及ぼすことがあるため、プロとしての意識が大切です。

デザインは通常、1人で手掛けることが多いですが、デザイン事務所に所属する場合はチームでの業務が多く、周りの人々の提案を取り入れながら柔軟に進めていく能力が求められます。

デザイン事務所で働くためには、デザインスキルだけでなく、コミュニケーション能力やプロ意識、チームワーク能力が必要となります。1人で作業をすることもありますが、周りと協力しながら業務を遂行することが大切であることを理解しておく必要があります。

 

error: Alert: Content selection is disabled!!