Skip links

デザイン事務所で働いて学べること

デザイン事務所

デザイン事務所ではデザインを通して人々に情報を伝えるということを仕事にしています。広告代理店や出版社などから依頼を受けることが一般的ですが、デザインをするものはポスターやチラシだけに留まらず、書籍や雑誌の表紙デザインや店舗の看板など様々です。

クライアントとのコミュニケーション

デザインの打ち合わせの際に、クライアントの要望を聞きながらデザインを作成していかなければなりません。そのため柔軟なデザインスキルはもちろんのこと、クライアントとしっかり話をすることができるコミュニケーション能力が必要となります。

デザインスキルに留まらないプロ意識

クライアントはデザインによる情報伝達で利益をのばしたいと考えているからこそ、わざわざデザイン事務所に依頼をします。利益をのばすことができるかどうか?という結果はデザインによる影響も大きく関わってくることがあります。

その為、ただ楽しくデザインをするというのではなく、「クライアントの業績に影響を及ぼすことになるのだ」という緊張を感じながら仕事に取り組むということが大切です。これはデザインスキルだけではなくプロとしての意識が大切です。

チームとしてのコミュニケーション

有名なアーティスト・デザイナーを見ても分かるように、デザインというのは実質的には1人で手掛けることが一般的です。その補助をする人が何人かいたとしても、最終的なデザインを進めるのは1人である場合が多いです。

デザインという仕事だからこその特徴だと言えるのですが、事務所に所属している以上は先輩上司の存在があり、チーム・組織として依頼を受けることも多くあります。自分の提案だけではなく、周りの人々の提案をうまく受け入れながら、どうデザインとしてまとめていくのかという柔軟さが必要となります。

これらのことから分かるように、いいデザインを作り上げるためにはコミュニケーション能力がとても大切ということです。1人で黙々とデザイン作業に没頭する場面も勿論あるのですが、それだけではなく、周りの人と協力しながら業務を遂行する場面も多いということを理解しておきたいですね。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!