Skip links

広告制作会社へデザインを依頼する時のポイント

広告制作会社への依頼

広告制作会社にデザインを依頼したのはいいが、しっかりと要望や自分のイメージを伝えたつもりなのに、出来上がりを見てみると自分がイメージしていたものとは違っていた!…ということになるのは避けたいですよね。広告デザインを依頼する際には、様々なポイントを押さえて依頼することが大切です。

デザインを依頼する目的を明確に

広告制作会社へデザインを依頼する時のポイントとしては、まず第一にデザインの目的を明確にしましょう。自分は何をしたいのか?などの目的がうまく伝わっていなかったり、あいまいな伝え方をしていると、デザインのゴールはどこかわからなくなり、発注した側と広告制作会社の間でイメージや仕上がりが異なってしまいます。どのような目的を持ってデザインを制作するのか?ということを最初に明確に伝えておくことが大切です。

漠然とかっこいい広告にしたい、売れる広告にしたいと言われたとしても、広告制作会社は困ってしまうでしょう。そのため内容はできるだけ具体的に、どういうイメージのデザインにしたいのか?どんな用途で使用するのか?等を、依頼する前に明確に自分の中で定めておきましょう。競合品のデザイン分析なども重要です。

デザインイメージを共有する

もし参考となるサイトやデザインがあるのであれば、打ち合わせの際にそれを見せられるように準備をしておくと、よりイメージが伝わりやすくなるでしょう。自分のイメージを伝えるためには、自分の望む形に近い広告やデザインを見てもらうことが一番効率良い方法であるといえます。参考になるデザインがあることで、お互いの認識のずれを防ぐことができるでしょう。

デザインの目的を伝えることができたら、次にデザインの内容について打ち合わせを行います。どのような印象にしたいのか、細かいニュアンスなどを打ち合わせをすることで、デザインを練り上げていくことができます。

事前にスケジュールを決めておくことも大切です。実際に制作を始めてみたら間に合わなくなった!…というケースも多く見られます。そのため各工程のスケジュールを決めることによって、工程をコントロールできるようにしておきましょう。

また、不測の事態が発生することも考慮して、余裕のあるスケジュールにしておくことが何より重要です。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!