Skip links

Photoshopで魅せる光の演出!写真の一部を光らせるチュートリアル動画4選

光の演出

写真に光を付け足すことで、作品に深みやドラマを加え、より魅力的なビジュアルを作り出すことが可能です。この記事では、Photoshopを使った光の演出方法を、具体的なチュートリアル動画を通じて4つ紹介します!

 

Photoshopで車のヘッドライトを光らせる方法




こちらの動画では、車のヘッドライトを光らせるテクニックを紹介しています。

方法は非常にシンプルで、ヘッドライト部分に黄色や白色の塗りを何層か重ね、レイヤーの合成モードを「スクリーン」や「ソフトライト」に設定するだけです。さらに、不透明度を調整して光の強度をコントロールし、自然な発光感を演出します。

このテクニックを応用すれば、家のランプや照明、町の街灯なども同じように光らせることができるでしょう。

 

道の白線を光らせる方法




こちらの動画では、道路上の白線を光らせる方法を紹介しています。

基本的な手順は前述のチュートリアルと同様ですが、ここでは白線部分を切り抜き、新しいレイヤーで上から被せ、レイヤーの合成モードを調整します。さらに彩度や色を微調整することで、白線が実際に光っているかのような効果が生まれます。

さらに後半では、人物の足元に光の反射を加えてリアリティのある写真に仕上げるテクニックも紹介されています。

 

葉っぱを光らせる方法




こちらの動画では、葉っぱを光らせる方法を紹介しています。

葉っぱ部分を切り抜き、新しいレイヤーを被せた後、レイヤーの合成モードを調整します。彩度や色の微調整を行うことで、葉っぱが自然光を浴びているような、または不思議な光を放っているような効果を生み出します。

さらに後半では、葉っぱの周囲に光の粒子を散りばめることで、より幻想的な雰囲気を演出するテクニックも紹介されています。

 

鹿の角を幻想的に光らせる方法




こちらの動画では、鹿の角を光らせる方法を紹介しています。

この方法も基本的な手順は前述のチュートリアルと同じです。鹿の角部分を切り抜き、新しいレイヤーで被せて、レイヤーの合成モードを調整します。

さらに、角の周囲に光の粒を加えたり、画面全体の色味を調整したりすることで、映画のポスターのような幻想的で美しい写真に仕上げています。

 

調整レイヤーを駆使すれば、写真の一部を簡単に光らせることができます。これらのテクニックを駆使して、あなたの写真作品に新たな表現を加えてみてください!

 


YouTubeの自動翻訳字幕機能を使うことで、どの動画も日本語字幕で視聴可能です

【設定方法】
①右下の歯車マークを選択
②一旦、字幕は英語を選択します。
③もう一度字幕の設定に行き、「自動翻訳」を選択します。
③スクロールして、日本語を選択すると字幕が日本語表示になります。

※自動翻訳のため一部の情報に誤訳や不正確な情報が含まれる可能性があります。Adobeの公式情報などもあわせてご確認いただくことを推奨します。
 
error: Alert: Content selection is disabled!!