Skip links

Photoshopで人物の各パーツを美しく!レタッチチュートリアル動画5選

Photoshopで人物レタッチ

Photoshopを使用すれば、髪の増減や肌の質感、瞳の色まで、思いのままに人物を変身させることができます。今回は、人物の各パーツをレタッチする方法を分かりやすく説明しているチュートリアル動画を5つ紹介します!

 

PhotoshopのAI機能で人物に髪の毛を生やす方法




PhotoshopのAI機能を活用すれば、一瞬で髪の毛を生やすことができます。

こちらの動画では、「生成塗りつぶし」機能で「brown hair(茶髪)」という指示を出し、男性の髪型や髪色を自由にカスタマイズする方法を紹介しています。

このテクニックは、「髪のボリュームを増やしたい」「スタイルを変えたい」というときに役立つでしょう。

 

ニューラルフィルター機能で肌の質感をなめらかにする方法




Photoshopのニューラルフィルターを使えば、一瞬で肌をなめらかで綺麗に見せることができます。

こちらの動画では、「ナチュラルフィルター」を使用して肌の質感やなめらかさを調整する方法を紹介しています。
肌の色調整や小じわのリタッチにも最適で、より自然な仕上がりを実現可能です。

 

ブレンドを活用して唇に赤いリップをのせる方法




赤いリップは第一印象を大きく左右します。

こちらの動画では、唇に赤塗りベースを適用し「焼き込みカラー」と「レイヤー効果」のブレンドオプションを調整することで、自然な赤いリップをのせる方法を紹介しています。

この方法を使用すれば、リップの色味や濃さも自在に変更可能です。

 

色調補正で黄ばんだ歯を白くする方法




色調補正を利用することで、簡単に歯を白く見せることができます。

こちらの動画では、調整レイヤーの「色相・彩度」を使用して、黄ばんだ歯を白くする方法を紹介しています。この方法を使用すれば、過度な白さを避けて写真全体のバランスを保ちながら、歯の色を改善することが可能です。

 

瞳の色を変える方法




瞳の色を変える基本的な方法は、前述の「歯を白くする方法」と似ています。

「色相・彩度」の設定で、瞳の部分に対する彩度のスライダーを調整するだけです。これにより、瞳の色を自然に変更できます。

 

人物のレタッチは、Photoshopを使えばとても簡単です。各パーツを適切にレタッチすることで、写真全体のクオリティを大きく向上させることができるでしょう。

 


YouTubeの自動翻訳字幕機能を使うことで、どの動画も日本語字幕で視聴可能です

【設定方法】
①右下の歯車マークを選択
②一旦、字幕は英語を選択します。
③もう一度字幕の設定に行き、「自動翻訳」を選択します。
③スクロールして、日本語を選択すると字幕が日本語表示になります。

※自動翻訳のため一部の情報に誤訳や不正確な情報が含まれる可能性があります。Adobeの公式情報などもあわせてご確認いただくことを推奨します。
 
error: Alert: Content selection is disabled!!