Skip links

フリーランスのデザイナーになる前に準備しておいた方がいいこと

フリーランス

会社から独立する前にいかに抜かりなく準備が完了でき、必要となる知識が蓄えられてるのかによって、成功と失敗が分かれてしまうと言っても過言ではないのがフリーランスではないでしょうか。

副業の推奨など参入者が増えている事も相まり、競争率が高まっているからこそ、独立や起業を目指している方は計画的に物事を進めていかなければなりません。

 

税金や支援制度を調べておく

とても熱意に溢れていて猛進したくなるのは仕方のないことですが、お金の知識といったような現実的で地に足の着いた事柄についても、理解を深めておく必要があります。

税金についてはもちろん、融資制度や助成金制度などのビジネスを加速できるような国や自治体が行っている制度のチェックも大切です。

 

貯金をしておく

貯金

退職する前にこれから個人的にお仕事を発注して頂けるクライアントが見つけられていたとしても、開業して間もない段階から安定的に収入が確保できる保証はありません。

実際に事業を開始してみると、本業とは別の雑務や手続きなどに追われてしまい、しばらくの間事業がストップしてしまう恐れもあります。多少業務に携わることができなくても生活が成り立たせられるように、しっかりと貯蓄をしておくことも大切です。

 

クレジットカードを作っておく

クレジットカード

また、後回しにすると後々大きな後悔の念に駆られてしまうのが、会社員の時にクレジットカードを作成しておくという事です。フリーランスや自営業者などはカード作成時に行われる審査がクリアし難いので、新規取得ができない可能性もあります。会社員よりも高額な収入が得られていたとしても、会社員の信用力にはかないません。

 

まとめ

クレジットカード

フリーランスのデザイナーになる前には、慎重に準備をする必要があります。まず、税金や支援制度について理解し、ビジネスを加速するための制度を把握することが重要です。そのうえで、貯金をしておくことで、事業が順調に進まなかった場合でも生活を維持することができます。

さらに、会社員の時にクレジットカードを作成しておくことも大切です。フリーランスや自営業者として活動する場合、クレジットカードを新規取得することが難しくなる場合があるためです。

これらの準備を万全にしておくことで、フリーランスとしての活動がスムーズに進むことが期待できます。ただし、独立してからも常に新しい知識を吸収し、クライアントとのコミュニケーション能力を向上させることが重要です。それによって、成功するチャンスを広げることができます。

 

error: Alert: Content selection is disabled!!