Skip links

リブランディングとは?ブランドの再構築について

リブランディング

リブランディングという言葉は、企業や製品が大きく変わるときによく使われます。リブランディングは、ロゴデザインの変更のような小さなものから、社名やブランド名自体の変更のような大きなものまで、さまざまなものがあります。

なぜ企業はリブランディングを行うのか

リブランディングは、さまざまな理由で行われます。例えば、企業のターゲット層が変化した場合、新しいターゲット層にアピールするためにリブランディングが必要になることがあります。市場の変化に対応するためのリブランディングと言えるでしょう。

また、企業や製品のイメージを一新するためにリブランディングが行われることもあります。これは、ネガティブな評判が続いた後に行われることが多いです。

リブランディングを行うなら慎重に

リブランディングは、やり方次第でプラスにもマイナスにもなり得ます。リブランディングは企業の内外に大きな変化を伴う為、軽々しく行うのは賢明ではありません。リブランディングを正しく行えば、企業や製品のイメージを向上させる素晴らしい成果となります。しかし、間違った方法で行うと、リブランディングが裏目に出て、企業や製品のイメージが以前より悪くなることがあります。

リブランディングを検討する際には、注意したい点が3つあります。まず、なぜリブランディングを行うのか?その理由を明確にする必要があります。2つ目は、どのようにリブランディングを行うのか?明確な計画を持っていることです。そして3つ目は、リブランディングの計画が正しく遂行されているかどうかを確認することです。リブランディングのあらゆる側面を検討する必要があります。

 

[blog_jp]

error: Alert: Content selection is disabled!!