Blog

sky

10年ぶりのi-depの復活が個人的にエモい

今年、i-depがバンドとして10年ぶりに復活した事は、驚きだったし嬉しかった。10年前、i-depを知ったのは当時の彼女の影響でした。音楽科の学生だった彼女はとても歌が上手くて、何よりお洒落でした。

僕は本当に芋みたいな大学生だったので、多大なる影響をその彼女から受けました。

 

軽音楽部の芋学生をぶん殴ったお洒落音楽

そんな多大なお洒落影響の一つがi-depでした。初めてRainbowを聞いた時の爽やかな気持ちは今も覚えています。何味か分からないけどめちゃくちゃ美味しいシャーベットを食べた感じとでも言えばいいのか…(笑) 語彙力なくてごめんなさい。

軽音楽部でバンドをしていた自分にとって、これが “バンドである” こともなかなかの衝撃でした。無知を上塗りすると、もっとドンシャリしているのがバンドだと思っていたからです。

 

当時、i-depは僕をいつも彩ってくれました。

その彼女に別れを告げられたのもi-depのライブの後でした(笑)

 

今はお互い別の人生を歩んでいるので、余程何かが無いと思い出す事なんてありません。i-depの10年ぶりの結成は、ふとそんな思い出を呼び起こすきっかけになりました。

だから何ってわけでも無いのですが、音楽ってその時その時の思い出とダイレクトに接続されているんだなぁと感じさせられました。

i-depの面々も10年経った。みんな10年経った。

再結成の皮切りとなる新曲(Beautiful Silence)の最後で、

ナカムラさんが「うん、いいんじゃね?」と言うのが

ほっこりしてて良いな。