Blog

やる気なさ

腰の重い自分にやる気を出させるもの…それはデザイン!

若干マッチョなタイトルですが、単に僕自身のモチベーション不足をどう解消するかという話です。

最近コンテンツを更新できていない運営サイトがあったので、それを更新できるようなモチベーションを獲得するべく、WEBサイトのデザイン自体を刷新しました。

 

 

デザインのリニューアル

 

なんとなくですが、WEBメディア風になりました。

これはうちの“デザイン事務所AMIX”のブログなのですが、ほぼほぼ外注ライターさん任せになっているところがありました。もう少し色々コンテンツも創意工夫したいなーーーと思いながら、収益に関わらないエリアなので後手後手になっていたという背景があります。

そこで、ちゃんと運営されているっぽいサイトデザインに作り変えて、自分にプレッシャーをかけることにしました。デザインが変わることで、更新しないといけない雰囲気がビシビシ感じられるようになりました。頑張ります。

スタッフに常々「やるならきちんとやろう。そうじゃないなら、やらない方がいい。(キリッ!)」と言っていますが、自分はどうなんだと。本当にお恥ずかしい話です。

※追加 : ブログはこちらに統合しました

 

 

さらに、デザイン事務所AMIXは海外取引も考えておりまして(というかチラホラある)、やはり窓口となる英語版のWEBサイトがいるだろうということで、これは新たに作りました。

 

英語版WEBサイト

 

実のところはデザインSNS”Behance”で海外の知人から「英語版サイトいるんじゃない?」と、至極真っ当な指摘をいただいたからです。他の方から助言を頂いてやっとやるという…。(とりあえずエイヤー!で作ったので、内容はまだまだこれからです)

僕はありがたいことに行動力があると思っていただけることがあるのですが、実はとても腰が重いです。やばいくらい重いです。ですので、こうしてやらざるを得ない状況を作り出していくことで半ば強制的に前進するスタイルです。

BLOGページも作ってしまったので英語記事を書かざるを得ないし、そうなると英語も勉強せざるを得ないし、いくら腰の重い僕でもやる羽目になります。でも、本当にデザインは良いプレッシャーになるなぁと思います。

「海外とも取引してるなんて、イケイケな事務所じゃねーの!?」と勝手に錯覚してくれる事もあるので、やっていて損はないかなぁと(笑) 本当に零細弱小事務所なので、こういうある種の”錯覚資産”は大切なのかもしれません。

 

モチベーションコントロールが劇的に下手な自分の情けなさと共に、デザインがモチベーションに大きく関わるということを実感させられています。