notes

Category
Scroll Down

Behance Behance (ビーハンス)では、世界中のクリエイターなどが自分の作品を公開しており、誰もが知っている有名人から普通の一般人まで誰でも自分の作品を投稿することができます。気になったものに関しては評価ボタ

Read More

資格よりも実績と経験。 結論から述べると、広告デザイナーに資格は必要ありません。デザイン系の資格としては色彩検定やカラーコーディネーター検定などが挙げられますが、こういった資格を持っていても良い広告デザインが出来るとは限

Read More

とにかくシンプルに。 広告のキャッチコピーを頭に思い浮かべる場合、長々としたキャッチコピーが思い浮かぶ人はほとんどいません。その多くはワンフレーズで、しかも言いやすいものがほとんどです。基本的に、覚えやすく、言いやすいも

Read More

ポートフォリオ(作品集)はしっかりと作っておく。 デザイナーがデザイン事務所に就職するためには、面接があります。デザイナーがこれまで経験してきたこと、今やっていること、今後やってみたいことをきちんと分かりやすい形でデザイ

Read More

まずはアルバイトでデザイン事務所に潜り込む? これまでデザイン事務所でデザイナーとして作品を制作したことがなかったり、一般企業のデザイン部門で働いたことがない場合はデザイン事務所に就職することは難しいといわざるを得ません

Read More

市場で消費者に振り向いてもらい、注目されるには、デザイン要素は欠かせないものです。今回は、そんなマーケティングとデザインについてAdam Erhart 氏の動画 “なぜ良いマーケティングには良いデザインが必要

Read More

デザイナーやクリエイティブ職に従事する人たちが、将来どのような場所で活躍するのか。それには様々な選択肢があります。それぞれにメリット/デメリットが存在し、働き方も大きく異なります。今回は、Philip VanDusen

Read More

デザイナーにとって文字(タイプ)は、広告物の仕上がりを左右する非常に重要なものです。 今回は、カナダでデザイン事務所を経営する Ben Barrett-Forrest 氏が制作した”タイポグラフィの歴史&#8

Read More

何かをデザインする際に、色選択に迷ったことはありませんか? 色が人間の心理に働きかける影響はとても大きく、効果的な色を使うことはデザインをする上でとても重要な課題です。同じ機能、同じ用途、同じ形状でデザインされたものでも

Read More

デザインとお金 デザイン事務所や広告代理店って、値段がまちまちだけど、一体何が違うの?と思われる方は多いと思います。同業者である私も同じことを思います。 今回はデザインコンサルティング会社”Blind&#82

Read More