フリーランスのデザイナーになるには

今回もイスラエルを拠点に活動するデザイナー Ran Segall さんの動画を、許可いただき翻訳させていただきました。動画のタイトルは「How To Quit Your Job & Freelance (仕事をやめてフリーランスになるには)」です。とても建設的な内容で、真面目に回答されています。僕自身も本当にその通りだと思いました。これからデザイナーとしてフリーになろうと思っている方、現在フリーランスの人、また今は学生でもいつかフリーになりたい方、是非ご覧ください。※記事掲載はデザイナーに許諾を得ています。(Thank you Ran !!)

以下翻訳内容です。

フリーランスのデザイナーになりたい?

もしあなたがフリーランスに転身することを考えているなら・・・

やめといた方がいい!!

・・・っていうのは冗談で、フリーランスはすごくいいことだけど、正しい理由と方向性があっての話です。私の周りの若いデザイナー達は、間違った理由でフリーになろうとしています。例えば、上司が嫌いだからフリーになろうという考えは間違っています。それならもっと良い上司のいる仕事に転職すればいいのです。単純に、フリーランスに転身すれば上手くいくだろうという考えも間違いです。

cap1

今日は、アドバイスとして、私の経験と周りの友達を見ていて思った事、他の成功しているフリーランサーから学んだ事を話したいと思います。

 

さて、私はこれからクライアントと今週の仕事についての打ち合わせをしに行きます。

cap2

〜打ち合わせ後〜

あなたがフリーランスになりたいと思うのはとても良いことですよ。フリーランスはとても良いことですが、いくつか理解しておかなければなりません。フリーランスとして働く事は、「会社に勤めることより良い」のではなく、違った方向性なのです。

cap4

それぞれに長所と短所があり、あなたにどんな仕事が合っているのかを理解しなければなりません。個人的に、私は会社勤めにあまり向いていません。上司部下という関係性が合わないからです。誰かに何かをしろと言われるととてもイライラするんです。私の場合はね。

それと、私は会社に勤めると仕事が進みません。自分の時間があって、昼寝できるのはとても私にとって重要なことですので、会社に勤めることはあまり効率性がよくありませんでした。だから、私には自宅で仕事をするフリーランスが合っていると思います。でも、あなたはあなたに何が合っているのかを考えなければいけません。

自分の仕事が好きではない人たちもいるけれど、それはフリーランスになれば解決されるわけではありません。フリーに転身すると、経理や取引などの他の仕事も一緒についてきます。こういった事が好きな人には楽しくてやりがいがありますが、そうでなければ苦戦してしまうでしょう。

独立したい人へ2つのアドバイス

私が出来るベストなアドバイスは、
会社を辞める前に今から言う2つのことは押さえておいてほしい。

1.お金に余裕を持とう

1つ目は、お金です。3〜6ヶ月の間クライアントが見つからなくても大丈夫なくらいの資金を常に持っておきましょう。これは私が2年前に始めた事ですが、もしクライアントが突然居なくなってしまって収入が無くなっても3〜6ヶ月の間大丈夫なように「緊急用資金」をいつも貯めています。これのおかげで、常にリラックスして仕事やクライアント選びができています。

突然フリーランスに転身してしまう人は、お金に余裕がありません。お金に余裕がないと、引き受けたくないクライアントを引き受けるはめになりますし、自分の仕事を低く見積もってしまいます。お金に余裕がないために、本来交渉すべき値段で交渉するとプロジェクトが貰えないのではないかと思ってしまうからです。お金に困っていなければ、自分が本当にしたい自分に合ったプロジェクトを選ぶことができますし、満足できる料金で取引ができます。

 

2.クライアントの確保

2つ目は、クライアントを確保しておくことです。私が知っている素晴らしいフリーランサーは、最初からフリーではありませんでした。会社に勤めながら、フリーランスの仕事を夜と週末にやっていて、徐々にクライアントを確保していったのです。もうそのクライアント達と関係を築いていましたから、会社を辞めたときも、次の仕事があったのです。これも、無駄なストレスでダメなクライアントと取引をしたり間違ったブランドイメージを作ったりする事がないようにするためです。

cap5

お金もあって、次のクライアントも確保できていたら、フリーランスに転身する準備ができていますよ。

 

何を学ぶか、誰と仕事をするか

最後に一つだけ。

どのようにして学ぶか、どのような人達と一緒に仕事をするかを考える時についてです。
フリーランスになってからも学んだりすることはもちろん不可能ではないですが、会社に勤めるのと比べて難しいです。周りに他のデザイナー達がいれば、スキルを学んだり経験のある人達から学ぶことがずっと簡単になります。フリーランサーとして自宅でインターネットから学ぶ事はもちろん可能ですし、私も試した事がありますが、やはり会社勤めの方が周りの人から学ぶのが簡単です。

何が自分に合っているかを知るためには、まず企業やスタジオやオフィスで仕事をして、それから十分なスキルと準備がある時にフリーランスに転身するのがいいですよ。

 

このビデオを見てる人は、私がフリーランスについての悪い事しか言っていないから、フリーランスに転身したくないと思うかもしれません。でも、私のビデオを見ている人は、私が最高のライフスタイルを送っている事を知っているでしょう。

cap6

好きな事ができるし、旅行も、公園に行く事も、昼寝もできるし、妻と息子と時間を過ごせるように自分の時間を管理しています。

だからフリーランスは素晴らしい時もあるのですよ。

もう私は会社勤めはできないと思います。でも、あなたに伝えたいのは、正しい方法でフリーランスに転身すること。フルタイムで働いている時に始めて、それが自分に合っているかを考えて、お金を貯めて、クライアントを確保しましょう。いきなりフリーになって痛い目を見るのはやめましょう。私の友達でも多かったです。とにかく、良い日を過ごしてください!また次回!

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。