Subscribe Now

Trending News

Blog Post

動物たちをモチーフにした広告制作例
広告デザイン

動物たちをモチーフにした広告制作例

広告の中には動物をモチーフにビジュアルを作り込むデザインがあります。動物の特徴や無条件の可愛らしさ、残酷さなど動物の持つイメージと企業や商品の持つイメージを関連づけ訴求するテクニックは、動物好きなら思わず足を止めて見入ってしまうでしょう。そこで今回は動物がメインビジュアルになっている広告を集めてみました。

 

「自然に手を差し伸べる」ことを訴求した広告制作例

動物たちをモチーフにした広告デザイン1

WWF(世界自然保護基金)の広告で「自然や動物に手を差し伸べて、環境を守っています。ぜひ皆さんのサポートの手を。」ということを訴求した広告です。シマウマは絶滅危惧種に指定されていて、人のサポートが大切であることをうまく表現しています。

 

「洗浄力の高さ」を訴求した広告制作例

動物たちをモチーフにした広告デザイン2

Tide洗剤の広告です。あまりの洗浄力にダルメシアンの模様まで剥がれ落ちちゃった!というビジュアルで、犬のなんとも言えない顔が印象的です。あまりにもキレイに落ちてしまって犬も何が起こったか理解できていないといった感じでしょうか。コピーライティングがいらない程、ダイレクトに伝わる広告デザインですね。

 

綿菓子みたいにふわふわに!仕上がり感を訴求した広告

動物たちをモチーフにした広告デザイン3

ワンちゃんが綿菓子になっている!とちょっとびっくりした広告です。こんなにふわふわになるんだったら一度つかってみたくなりますよね。わんちゃんの愛らしさと綿菓子を、うまく結びつけたアイデアですね。

 

動物たちも広告の世界に入り込むと、様々なメッセージを伝ることが可能です。それぞれの動物の持つイメージと商品やメッセージをうまく組み合わせた広告デザインは、見ている私たちの想像力を掻き立てられます。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。

Related posts