広告は企業イメージを伝えたり、商品紹介をしたりと様々なメッセージが込められているものです。そこでよりダイレクトに伝えるテクニックの一つに「誇張」があります。そこで今回は、商品を「誇張」することで、強烈な印象を与えて、見る人へ印象付けている広告デザインをピックアップしてみました。

 

トマトそのまま!を誇張した広告デザイン

「誇張」のテクニックが秀逸な広告デザイン1

ケチャップメーカーで知られるハインツ社の広告で、ケチャップの新鮮さを「誇張」することで表現している広告です。ケチャップ容器を輪切りのトマトで表現することで、どこを取ってもフレッシュトマトの味を楽しむことができる!というメッセージですね。

 

フレッシュな果汁を楽しめるということを誇張した広告

「誇張」のテクニックが秀逸な広告デザイン2

PHILIPS社のジューサーをプロモーションした広告です。手で握り潰したパイナップるからジュースが滴り落ちている様で、リアルな日常ではあり得ない光景ですが、広告の世界ではこんなこともできてしまうのですね。この商品をつかったらダイレクトなフレッシュ感を味わえることを伝えた広告制作例です。

 

飛行機が次々にひっつく!強力な粘着力を誇張した広告

「誇張」のテクニックが秀逸な広告デザイン3

のりやテープでおなじみの3Mの広告です。空に3Mを吊るしておくと、飛行機だって取れちゃうというなんともユニークな広告です。実際の生活ではこんなことはあり得ませんが、広告としてのインパクトは抜群です。なんだか昔日本で見られたハエトリ紙を連想してしまいます。

 

牛乳との相性が抜群に良いクッキーであることを誇張した広告デザイン

「誇張」のテクニックが秀逸な広告デザイン4

クッキーで有名なオレオの広告です。残り少ない牛乳の入ったグラスの横には、オレオがぺろっとグラスをなめている様子を広告にしています。オレオ自身が牛乳をとっても気に入っているという様を表現しています。オレオからぺろっと出た舌がちょっとリアルで、美味しかったという感じが出ていて良いですね。飼い主に懐く犬のようでもあります。

 

日常生活ではあり得ない光景を広告では作り上げることができます。その特徴を生かして、商品の特徴を誇張し、より特徴をダイレクトに伝えることができます。思わずくすっと笑ってしまいますよね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。