サイズ感がもたらす錯覚のデザイン

デザインインスピレーション

小人や巨人になった気分?サイズ感がもたらす錯覚のデザイン

不思議の国のアリスの中で、主人公アリスが薬を飲んで小さくなったり大きくなったりする場面があります。小さな虫たちの視点で歩き回ったり、天井に頭をぶつけるほど大きくなったりと、アリスの状況を想像するだけで楽しそうです。日常の私たちが知っているサイズ感が大きくなったり小さくなったりする不思議な体験は奇想天外な楽しさに繋がります。ここでは既知のサイズ感から外れた光景がもたらす面白いビジュアルをご紹介します。

 

ノートの上の世界

Adobeさん(@adobe)がシェアした投稿

ごくごくありふれた机の上、マグカップやノートパッド、文房具などがおかれています。その上にあるのはミニチュアの人形たちの世界。突風で書類が飛ばされたのでしょうか、紙を集めようとしたりする仕草の一つ一つがリアルで、クスッと笑える楽しい光景が広がります。机の上というお馴染みの場面に、突然サイズ感が異なるミニチュアの世界が展開されることで見る人に驚きをもたらし、ユーモア溢れる画面作りに成功しています。

 

瓶の中に広がる景色を描いたデザイン

Behanceさん(@behance)がシェアした投稿

保存食作りに使えそうなありふれた小さな瓶の中を覗き込むと、広大な野原が広がる不思議なグラフィック。瓶という密閉性の高い小さな空間と、空と大地が水平線まで広がる広々としたオープンスペースの対比が効いています。合成の際に瓶のハイライトや反射光をそのまま活かすのにはテクニックが必要ですが、こちらの一枚では自然に溶け込むような工夫が凝らされています。

 

雲を食べるキリンのグラフィック

Adobeさん(@adobe)がシェアした投稿

草原に立つ一本の木と一頭のキリン。食べているのは葉っぱではなく雲?。枝葉の形を雲に見立てて、キリンが食べるアクションと合わせることでユーモアの可視化に成功しています。一枚の絵として自然で、かつキリン・木・雲がそれぞれ相互に意味を補強し合い要素の一つ一つに無駄がない点など、無駄なく見せるべきものを見せるグラフィックとしてまとめ上げられています。ちょっとしたアイディアをグラフィカルに表現するのはグラフィック系クリエイターとして腕の見せ所ですね。

 

本当ならもっと奥にあるものが近くのもののように見えたり、あり得ないような大きさで配置されていたりすると、人間の目は錯覚を起こします。見た目の大きさの大小によって見分けていた遠近感を狂わすためです。錯視としての錯覚のほか、意味の上での記号的な認知にも影響します。通常なら空の高いところにありつかむこともできない雲をつかんだり、瓶の中のような密閉空間に三次元的な色がりを感じさせるなど、知的な感覚にも働きかけてイリュージョンを起こします。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。

  1. TOP
  2. デザインインスピレーション
  3. 小人や巨人になった気分?サイズ感がもたらす錯覚のデザイン

最近の記事

  1. 見える景色を新たな視点で再構成するデザイン
  2. 断面図・分解図に好奇心がくすぐられるグラフィック
  3. 椅子のデザイン
  4. lowpolyデザイン
  5. サイズ感がもたらす錯覚のデザイン

関連サイト

ASOBO DESIGN - チラシ・ポスターデザイン

 

LOGOLO - ロゴデザイン作成

 

PACK LABO - パッケージデザイン制作

 

MOSH DEISGN - フライヤー制作

 

RAKUUU - WEBデザイン作成


powered by
AMIX - 各種広告デザイン制作

  1. パッケージデザインを製造と共に考える

    デザインノート

    デザインと製造、2つのマインドを持つ事の利点
  2. デザイナーがやってはならない5つの事

    デザインノート

    デザイナーがやってはならない5つの事
  3. フードスタイリストの広告デザイン

    ピックアップ海外デザイン

    フードスタイリストが創り出す、クリエイティブな広告デザイン
  4. 秀逸なビジュアルデザイン

    ピックアップ海外デザイン

    受け手の知覚に訴えかける秀逸なビジュアルデザインたち
  5. マーケティングとデザイン

    デザインノート

    なぜ良いマーケティングには良いデザインが必要なのか 〜マーケティングデザイン〜
PAGE TOP
WE♡D (WE LOVE DESIGN)では、優れた海外の広告デザインやクリエイティブに関わる記事などを紹介しています。