光がもたらす奥行きとドラマチックな陰影のデザイン

デザインインスピレーション

光がもたらす奥行きとドラマチックな陰影のデザイン

陰影は奥行きや空間を表現する重要な要素であり、光と影のコントラストは見る人にドラマチックな印象を与えてくれます。色のついた光が重なったときの新しい色が混じり合う幻想的な美しさや、光源と視点の位置関係から得られる奥行きの広がりは私たちが普段目にする物質の反射光とは異なる視覚を感じさせます。ここでは光と影で表現された世界観が心を動かす3点のグラフィックデザインをご紹介します。

 

普段見慣れた光景を切り取る光

Adobeさん(@adobe)がシェアした投稿

夜霧が立ち込める交差点、たたずむ信号機を写した写真。それだけであれば日常の何気ない光景かもしれません。こちらの写真では信号機の光を長時間露光で撮影することで、三色の光が夜霧の中で混じりあい美しいグラデーションを描く様を捉えました。光同士の混色は加法混色と呼ばれ、モニタやスクリーン投影でおなじみの色の表現方法です。通常の絵の具を混ぜる混色(減法混色)は色を多く混ぜるほど暗く濁っていきますが、光同士の混色は光が重なるごとに明るくなっていくので闇の中から光によって浮かび上がるドラマチックな表現に向いています。

 

虹色の揺らぎにうっとりするポスターデザイン

虹色の揺らぎにうっとりするポスター製作例

様々な色の光が投影された平面に、細長い立方体がおかれています。光はそれぞれはっきりとした色ではなくぼんやりと揺らぎながら投影されているようで、緩やかな弧を描く色同士の境目が絶妙です。背景になっている平面の質感や、立方体が落とすわずかな影と反射光などザラザラしているであろう質感やアナログな物質感も映し出し、かつこの世のものではないかのような幻想的な世界観を見る人に与える、シンプルで秀逸な一枚です。

 

光によって画面を切り取った写真

Adobeさん(@adobe)がシェアした投稿

カメラの方に向いた逆光の光源が画面全体を柔らかい光のベールで染めています。その光を遮った画面上部はV字型に要素が切り取られ、ポスターのようなダイナミックな画面構成ですね。影になっている部分に通常の夜景が覗き、光が影響している部分は白くフィルターがかかったかのように分かたれ、日常の夜景を全く雰囲気を変えて見せた一枚です。

 

光を操り、画面を構成するモチーフとしてレイアウトすることで意外性のある、ドラマチックなデザインが可能です。「直進」「拡散」「色の加法混色」などの光の特性を知ることは「光らしさ」を表現するのに役立ちそうです。物質そのものではなく光と陰自体をモチーフとして攻勢を考えることは斬新で叙情的なグラフィックとして、印象にのこる一枚を作り上げてくれることでしょう。

 

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。

  1. TOP
  2. デザインインスピレーション
  3. 光がもたらす奥行きとドラマチックな陰影のデザイン

最近の記事

  1. 自然環境の問題を訴える広告デザイン
  2. 絵画をモチーフにした広告デザイン
  3. 商品を敢えて見せない広告デザイン
  4. 印象的な屋外広告デザイン
  5. ブランドカラーを効果的に用いた広告デザイン

関連サイト

ASOBO DESIGN - チラシ・ポスターデザイン

 

LOGOLO - ロゴデザイン作成

 

PACK LABO - パッケージデザイン制作

 

MOSH DEISGN - フライヤー制作

 

RAKUUU - WEBデザイン作成


powered by
AMIX - 各種広告デザイン制作

  1. アイデアについて

    デザインノート

    アイデアとは?自分のアイデアの説明のしかた(原則と5つの構成)
  2. ソーシャルメディアで目立つ方法 2017

    デザインノート

    ソーシャルメディアで目立つ方法 2017
  3. The Future

    デザインノート

    広告デザイナーにとって、良いクライアント・悪いクライアントとは
  4. 新たな視点で再構成するグラフィックデザイン

    デザインインスピレーション

    見える景色を新たな視点で再構成するグラフィックデザイン
  5. 「誇張」のテクニックで商品をより印象付ける広告デザイン

    広告デザイン

    「誇張」のテクニックで商品をより印象付ける広告デザイン
PAGE TOP
WE♡D (WE LOVE DESIGN)では、優れた海外の広告デザインやクリエイティブに関わる記事などを紹介しています。