グラフィックデザイナーになるべき10の理由

デザインノート

今、グラフィックデザイナーになるべき10の理由

世界各地3大陸に拠点を持つデザイン学校 “Shillington“。グラフィックデザイナーとして働く可能性を最大限に引き出す刺激的な学習環境作りを掲げています。今回はそんなグラフィックデザイナーのための学校 Shillingtonから「グラフィックデザイナーになるべき10の理由」という記事を紹介したいと思います。

原文 : “10 Reasons to Begin a Graphic Design Career”

以下翻訳内容です。※翻訳・掲載は記事製作者の許諾を得ています。(Thank you, Shillington ! )


あなたがキャリアを変えたいと思っているなら、良い場所に来ましたね。

あなたと同様に、シリントン(Shillington)の学生の大半は、将来のキャリアをどうすべきか検討しています。グラフィックデザインでキャリアを築くことを常に夢見て、創造的なアプローチからインスピレーションを得ています。シリントンでデザインに関するプログラムに参加し、幅広いスキルを習得し、十分な知識と経験を持ってわずか3ヶ月で卒業します。創造的なキャリアを築く為に。

デザインのキャリアがあなたの為になるかどうか、もう少し詳しく知りたい場合は続きを読んでみてください。

 

グラフィックデザイナーになるべき10の理由

1.日々が学びである

グラフィックデザイナーは日々が学び

グラフィックデザイナーになったら、自身のデザインを進化・改善し続けなければなりません。それは常に困難に打ち勝つための新しいチャレンジとなります。新しい問題にもぶつかり、それを解決しなければならないこともあるでしょう。それは、発見と発明の止まない旋風となります。失敗することもありますが、失敗しない人間はいないのです。 もし、あなたがまだ納得していないのであれば、雄弁に語っているポーラ・シェアの言葉から何か刺激を受けていただければと思います。

「失敗を通して成長することが出来ます。良い物を得るためには、悪い物を得なければなりません。」

 

2.デザインは常に需要がある

デザインは常に需要がある

すべてが自動化されたこの時代、私たちの仕事はいつかロボットによって奪われるだろうと言われています。しかし、グラフィックデザイナーは常に人間のアイデアと創造性を求められているので安心してください。デザイナーの仕事はブランドやビジネスの世界では、必要不可欠な歯車です。

シンプルなビジネスカードや各種印刷物からパッケージ、WEBサイト、そして広告まで、止まることがありません。ビジュアルコミュニケーションは生き続け、デザイナーに無限の可能性をイメージさせてくれます。

 

3.デザインは、たくさんのキャリアへの道を開く

デザインは、たくさんのキャリアへの道を開く

デザイン事務所だけでなく、いろいろな場所であなたの価値を高め、発揮することが可能です。もしデザインが世の中からなくなってしまったら、どのビジネスも成立しなくなります。もし、あなたが今勤めている広告代理店がなくなったら、次は有名な出版社で働くかもしれませんよね?もしくは世界一大きいスポーツブランド会社で、内部チームに加わることも可能ですよね?あなたのキャリアは、エキサイティングかつ沢山のルートが広がっています。

 

4.デザインを通じて、あなたの問題解決能力は強化される

デザインと問題解決能力

創造性はあらゆるビジネスで大変重要なものです。Appleのスティーブ・ジョブスはこう言いました。

「テクノロジーだけのDNAだけでは、十分ではない。リベラルアートおよび人文学と融合したテクノロジーこそ、皆をワクワクさせるような結果を生み出しす。」

これこそ、グラフィックデザイナーが問題解決策を高める理由です。ただクライアントのために一般的な問題を解決するだけでなく、デザインを通じて大きなビジョンで物事を考えるようになった証拠です。あなたのデザインは何を解決しますか?どのような付加価値になりますか?どのようにブランドの目標を達成しますか?デザインは、あなたの目標の実現より、あなたの技術を向上させるのです。

 

5.チームの一員として働くことを楽しめる

グラフィックデザイナーはチームの一員

グラフィックデザイナーが1人で働くことはまれです。常にクリエイティブチームの一員かクライアントの近くで働き、最良の解決策を考え出すためにコラボレーションすることが多々あります。PRの専門家、コピーライター、マーケター、広告主などと知り合う機会が多いと思いますが、シニアマネージメントと働き、会社役員と相談することも期待されるでしょう。

あなたの役割は、たくさんのビジネス関係に依存しており、それはあなたの技術と経験を向上させます。特に、違う性格の人たちと接するような能力は高められるでしょう。

 

6.(常に)スーツとネクタイは必要ない

スーツとネクタイは必要ない

肩がこるような白いシャツと着心地の悪いブレザーは嫌いですか?安心してください。最近のグラフィックデザイナーは、もっとリラックスした服装で仕事をしている傾向があります。Tシャツにジーンズ、トレーナーがユニフォームのようになっています。フォーマルなビジネススーツで腕を動かしづらくなっては、良い創作は出来ません。クライアントも気にはしません。それは広く受け入れられており、デザイナーの衣装として正しく、私たちの間でも「よし」 とされています。

 

7.あなたのキャリアは予測できない

デザイナーのキャリアは予測できない

あなたがただ群れに付いていくだけだったら…と考えてみてください。デザインはあなたを考えたこともない可能性へ連れて行ってくれます。地球の反対側のスタジオで安定した仕事をすることも出来ますし、遠方へとたくさんの旅をするようなデザインの仕事を見つけることもできます。一人で活動してもいいし、自分自身のスタジオを開業することも出来ます。可能性は本当にエンドレスです。

 

8.作品にスポットが当たる

デザインにスポットが当たる

あなたのデザインしたビルの看板にスポットライトが当たっているのを見たら、どのように感じるでしょうか。雑誌でもいいでしょう。こういった仕事の満足感は計り知れません。たくさんの人を刺激する何かに貢献することが出来た、この喜びに勝るものはありません。

 

9.世界の見方が変わる

デザイナーの見方

あなたがグラフィックデザイナーとしての道を歩き出したなら、物事の見え方は完全に今までと違っています。あなたの仕事とあなたの人生が重なったからです。あなたが見るもの、やる事すべてに刺激を見つけ、次のプロジェクトへ向けてアイデアを取っておく。デザインは新しい視点を与え、今までいた場所から飛び出し、新しいことを発見する勇気をくれます。アートギャラリーや建築から洋服やアクセサリーまで、あなたの人生はたくさんの創作の驚きと不思議でいっぱいになることでしょう。

 

10.刺激的な人生になる

刺激的なデザインライフ

飽きっぽいですか?すぐに目移りする?デザインはいつもあなたに刺激を感じさせてくれます。トレンドは常に発展し変わりますし、良い状態を保ち、次のステップに対しいつでも動けるように準備しておく必要があります。何が待ち受けているのかは誰も知りません。そして、キャリア選択の為、もっとも刺激的でなければなりません。

created by Sara Mazzoni (Shillington)

 

共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

  1. TOP
  2. デザインノート
  3. 今、グラフィックデザイナーになるべき10の理由

最近の記事

  1. 光がもたらす奥行きとドラマチックな陰影のデザイン
  2. 流体ならではの動き・きらめきを感じるグラフィック
  3. 人の顔と動物とシンクロさせた広告デザイン
  4. 隠されたメッセージを伝えるデザイン
  5. 脱力感のあるラフなデザイン

関連サイト

ASOBO DESIGN - チラシ・ポスターデザイン

 

LOGOLO - ロゴデザイン作成

 

PACK LABO - パッケージデザイン制作

 

MOSH DEISGN - フライヤー制作

 

RAKUUU - WEBデザイン作成


powered by
AMIX - 各種広告デザイン制作

  1. 広告デザイナーと資格

    デザインノート

    広告デザイナーに資格は必要?
  2. ダブルトーンの広告デザイン

    デザインインスピレーション

    ダブルトーンがレトロフューチャーな個性を感じさせる広告デザイン
  3. レイヤーを活かした透明感が魅力的なグラフィック

    デザインインスピレーション

    レイヤーを活かした透明感が魅力的なグラフィック
  4. マーケティングとデザイン

    デザインノート

    なぜ良いマーケティングには良いデザインが必要なのか 〜マーケティングデザイン〜
  5. デザインノート

    広告代理店の役割とは
PAGE TOP
WE♡D (WE LOVE DESIGN)では、優れた海外の広告デザインやクリエイティブに関わる記事などを紹介しています。