ただギフトを贈るだけじゃなく、贈った相手を驚かせたいときには、変わったパッケージデザインを選んでみるのもおもしろいかもしれません。外装と中身で驚かせる、アイデアが詰まったパッケージデザインをチェックしてみましょう。

 

箱も中身も本格的なパッケージデザイン

相手を驚かせるギフトパッケージ1

素朴な梱包箱を開けると、中から真っ赤なダイナマイトが!手違いで商品が間違ったのか、贈る相手を間違えたのかと、つい問いただしたくなるギフトです。中身はキャンドル型のダイナマイト、本物のダイナマイトではありません。ですが、ダンボールを使用した梱包箱に信憑性を感じ、開けてドキッとしてしまう方も多いはず。ドッキリには引っかからないような人にこそ贈り、反応を観察してみたくなるデザインです。

 

鮮やかさに驚くパッケージデザイン

マカロンのギフトパッケージ

モノクロのパッケージを開けると、なんとカラフルなマカロンが!パッケージからは想像できないカラーが飛び出し、より鮮やかさを感じてしまいます。商品に描かれているのは、草木や鳥や動物たち。思わずマカロンのカラーを使って、頭の中で塗り絵をしてしまいそうにも。パッケージの上にマカロンをのせれば、カラーの良さが引き立つ写真も撮れそうです。あえて彩度をなくして、カラーの楽しさを伝えるようにしているのでしょう。

 

開けても一瞬訳が分からないパッケージ

ケーキのギフトパッケージ

蓋を開けると、何かの実験道具のようなアイテムが並ぶ謎の商品。カラフルな筒が収められているものの、何をどうしたらいいか分からないもの。その正体、実はケーキなんです。中央の丸いスポンジのような、月に見立てたケーキに粉をふりかけ、自分だけのカラフルな月を作るというもの。ふりかけた微粒のパウダーがグラデーションを作り、美しい姿へと変えていきます。自分の手でオリジナルケーキを作れる、斬新で美しいパッケージデザインです。

 

本格的なドッキリ商品や、外装と中身でコントラストをつけた商品、開けても意味が分からない未知なる商品などと、相手を驚かす方法はいろいろあります。ビックリさせたり感動させたり、貴重な経験をさせたりと、どう感じてもらうのかを想像しながら考えてみると、おもしろいデザインが生まれてくるかもしれません。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。