街で見かける広告の中には、見ている側をワクワクさせるそんな力を持った広告があります。今まで曇っていた顔もふと広告に目をやると口角が思わず上がってしまう広告に出会えたら、今日はラッキーな1日になるかもしれませんね。 そこで今回はそんな人の気持ちをわワクワクさせる広告をピックアップしてみました。

 

想像力が現実を飛び越えるLEGOの広告

ワクワクを感じさせる広告デザイン1

透明なグラスに白いレゴを入れている瞬間を捉えた広告です。これを見たあなたはどう感じるでしょう?キャッチコピーには、Pure Brain food(純粋な頭脳食)と書かれています。そうです。これは脳を柔らかにするためのビジュアルですね。こんな広告を見つけると、童心にかえりワクワクしてしまいます。

 

蛍光ペンが主役の広告デザイン

ワクワクを感じさせる広告デザイン2

ドイツの筆記用具や製図用品メーカーで世界的に有名な企業の広告です。モノクロの世界にSTAEDTRERの蛍光ペンの黄色が目に飛び込んできますね。なんとセンターラインを描いているのです。車線を蛍光ペンで書こうという発想がとてもいいですね。実際にこんな光景を見ることができたらワクワクしませんか?

 

インドネシアのTiket.comのシリーズ広告作成例

ワクワクを感じさせる広告デザイン3

いつでも、どこでも、旅行の予約をしよう!いつもの日常から離れて非現実を体験できる旅をしよう!ということを伝える広告ですが、こんな風なビジュアルを見てしまうと、逃避行したくなりますね。

 

胃もたれの苦しさが伝わる広告デザイン

ワクワクを感じさせる広告デザイン4

イタリアで販売されれいる胃薬の広告です。La cene ti e rimasta sullo stomaco(夕食はあなたの胃の上に残っています)胃がもたれていることを伝えるのに、イノシシがどんと体の上に乗っかかっているという発想は、なかなか珍しく面白いですね。イノシシがガン見しているのがなんとも恐ろしいやら面白いやら面白い広告ですね。

 

今回は視界に入ると、思わずワクワクしてしまうような面白い広告デザインをピックアップしてみました。普段私たちが何気に感じていることを誇張したり、想像力が膨らみすぎてすごい!と感じたり。どの広告も私たちにワクワクを与えてくれる楽しい広告たちですね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。