バスを待っている時間は、早くバスが来ないかな、とイライラしてしまいがちですよね。そんな時に面白い広告が目に入ったら、そんなイライラが消え去ってしまいますよね。そこで今回はバス停にある面白い広告をピックアップしてみました。

水資源の大切さを伝える立体広告

バス停広告のデザイン1

バス停にこんな立体広告は日本ではなかなかお目見えしないですよね。キャンペーン広告なのですが、実は手作りなのだそうです。「you can’t make this stuff」とありますが、これは、水は簡単に生み出せない貴重な資源だということを伝えています。

 

拡散したくなるゲリラ広告デザイン

バス停広告のデザイン2
アメリカのウィスコンシンに出かけて休息を取ろう!というゲリラ広告です。この広告の前に立つと、自分が浮き輪に乗ってくつろいでいる様子が映し出されるという、インスタ映えする広告に仕上げています。

 

広告に実際に掴まれる!?

バス停広告のデザイン3
コカコーラのシンプルな広告かと思って、広告にもたれかかると、洋服が広告にくっついてしまう!というハプニングに見舞われます。まさかバス停でこんなことになるとは思わず、笑顔になってしまっています。

 

ホットサンドの気分になれる!?ホットな広告

バス停広告のデザイン4
アメリカのコーヒーチェーンのカリブコーヒーのバス停広告です。寒い冬にバス停に長く待つのは本当に辛いのですが、ポカポカ気分を味わえるバス広告です。バス停全体がオーブンウォーマーになっています。

 

バスを待っている時間を、広告で楽しくするアイディアはとても素晴らしいですね。これならバスの待ち時間も楽しく過ごせそうです。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。