フードの広告を見ていると配色やレイアウトの参考になり、日常の生活にも取り入れたくなるアイディアがたくさん詰まっています。そこで今回は高級感を感じさせるフード広告をピックアップしてみました。

 

レストランの新年の広告デザイン制作例

高級感を演出したフード広告1

新年のための広告です。明るい赤から真紅へのグラデーションをバックに配された紙面構成でおめでたく、また厳ささえ感じさせます。紅白のお皿や赤いリボン、そしてペーパーナフキンも赤で統一され、様々なトーンの赤でまとめられています。

 

オーセンティックなタイ料理の広告デザイン

高級感を演出したフード広告2

タイ料理レストラングループの広告です。バックの質感と、白抜きのコピーライティング、そしてロゴマークの組み合わせが高級感を演出しています。タイ料理のでよく使われる唐辛子やライムを配しています。落ち着いて食事ができそうなイメージが伝わります。

 

赤と黒のコントラストが高級感を与える広告制作例

高級感を演出したフード広告3

黒をバックに国級食材を使った広告デザインです。ロブスターの朱赤と黒が高級感を演出しています。またバックとお皿の異なる質感が、うまく表現されていますね。またレモンが差し色でアクセントになっています。

 

マクドナルドの高級感ある広告デザイン制作例

高級感を演出したフード広告4

黒をバックに商品をセンターにどんと配置し、中央で揃えた王道のレイアウトです。商品の新鮮さやジューシーさが際立ち、入りきれない野菜がちりばめられているという小さなこだわりです。黒は食材を引き立て、また高級感も演出しています。

 

広告のイメージを演出するときに、背景になる素材はとても重要です。またレイアウトで高級感を演出できます。そして色にも気を配ります。このように様々なことに注意を払いながらイメージをカタチ作る作業を想像すると、とてもワクワクしますね。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。