Subscribe Now

Trending News

Blog Post

美味しい!と瞬間で思わせる食べ物の広告デザイン
広告デザイン

美味しい!と瞬間で思わせる食べ物の広告デザイン

美味しい!と瞬間で思わせる広告には、様々な工夫がみられます。写真のクオリティーや紙面構成、そして余白にアイディアなどなど。そんな作り手のこだわりを感じられるデザインを見ると嬉しくなります。そこで今回は、食べ物の広告制作例をピックアップしてみました。

 

フレッシュジュースの広告デザイン

食べ物の広告デザイン1

バックを黒板にして、それぞれのドリンクのテイストごとにお茶、野菜、ベリーとうまくレイアウトしている広告です。クールさとナチュラル感がうまく組み合わせられている紙面で、チョークで書かれている感じが程よく心地よさを感じます。

 

ポップアップキッチンのおしゃれな広告デザイン

食べ物の広告デザイン2

毎年一度開催されるブランチのイベント広告で、料理をアートとして可視化した紙面作りはとても美しいです。また食材とタイポが美しく配されていてます。爽やかで健康志向の高さを連想させるデザインです。

 

かぼちゃのスープの広告制作例

食べ物の広告デザイン3

かぼちゃのスープの広告で、スープに使われている食材やスパイスがうまく配置されています。また丁寧に作られているスープだということを訴求するために黒をバックに構成されています。パッケージも黒で高級感を感じさせます。

 

バーガーキングの広告デザイン

食べ物の広告デザイン4

Ramadan Kareem(断食月)というコピーにかじられたハンバーガーはまるで三日月のように見えます。バーガーキングはアメリカではマクドナルドに次いでシェアを誇ります。イスラム教の断食月のことで、断食期間の間でもつい食べたくなるということなんだと思います。

 

食べ物の広告は、見る人の食欲を掻き立てることが大切です。ですので素材をうまく使って食べたい!と思わせる技法が使われていて、それをうまく紙面に配されているのを見ると関心してしまいます。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。

Related posts