Subscribe Now

Trending News

Blog Post

動物の個性や特徴を活かした広告デザイン
広告デザイン

動物の個性や特徴を活かした広告デザイン

動物のよく知られている特徴や習性を上手に活かした広告を見かけることがあります。とても可愛らしくもありナイスアイディアだと感心してしまうこともありますよね。そこで今回は、動物が登場する広告をピックアップしてみました。

 

farmer’s Market の広告制作例

動物が登場する広告デザイン1

‘bring the farm home(農家を家に持ち帰る)というキャッチコピーで構成された広告です。鶏が朝を知らせるために鳴いています。朝それはやめて!といわんばかりの手が印象的です。新鮮すぎる!を訴求した面白い広告ですね。

 

国際環境NGO 「Surfrider Foundation」の広告デザイン

動物が登場する広告デザイン2

大きな亀とバーコードを読み取る機械と、レシートという普通ならありえない状況ですね。レシートには、26 million tons of plastic packaging waste ends up in the oceans every year(毎年2600万トンのプラスチック包装廃棄物が海洋に閉じ込められている)と書かれています。自然環境保全を訴える広告です。

 

マクドナルドのミルクシェイクの広告ポスター

動物が登場する広告デザイン3

The Real Milkshake.のキャンペーン広告です。商品を出さずに原材料を広告に表現されるということはあるのですが、あまり日本では見かけない広告ですね。

 

象を用いたピーナッツの宣伝広告制作例

>動物が登場する広告デザイン4

親子の象がピーナッツを取り合いしているというとても可愛いビジュアルです。現実ではありえない絵ですが、思わず微笑んでしまいます。そんなに美味しいピーナッツなら食べてみたいと思ってしまいます。

 

動物たちが出ている広告は、可愛らしくついつい目で追いかけてしまいますね。日本ではあまり見かけない広告で、デザインの楽しさに溢れています。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。

Related posts