海外に行っても必ずと言っていいほど、観光地でよくみかけるマクドナルド。長きにわたり愛されるマクドナルドの広告は、シンプルでダイレクトに訴求されています。そこで今回はマクドナルドの広告をピックアップしてみました。

 

朝マックでコーヒーが飲みたくなる広告

海外のマクドナルド広告1

cofee whenever you wake up(あなたが目を覚ます度にcofeeを)というキャンペーンです。タイポグラフィでシンプルに表現されています。マクドナルドカラーで構成されていて、マークを見なくてもマクドナルドの広告?と連想できてしまいますね。

 

フィレオフィッシュを訴求する広告作成例

海外のマクドナルド広告2

この広告をぱっと見たときに、何の広告か分かりますか?ロゴマークが釣り針になっています。そう、フィレオフィッシュを表現しています。バックは海ということですね。誰かに話したくなる広告ですね。

 

ソーセージマフィンとコーヒーセットを訴求する広告デザイン

海外のマクドナルド広告3

シンプルなイラストで、コーヒーカップをかたどったソーセージマフィンが表現されています。とってもシンプルな広告表現ですが、コーヒーのセットをコーヒーを描かずに表現しているところはさすがですね。

 

チキンバーガーの訴求ポスターデザイン

海外のマクドナルド広告4

ハンバーガーを包装している紙で作られた鶏がハンバーガーを食べ終わったかのようです。シンプルなビジュアルですが一目でチキンバーガーの訴求だとわかるダイレクトな広告ですね。

 

日本では見かけないマクドナルドの広告たちは、どれもシンプルです。そしてそのシンプルな中にアイディアが光っている楽しい広告です。海外へ行ったときには、ぜひ広告もチェックしてみてください。

「デザインインスピレーション」のコーナーでは、日々のインスピレーションに繋がる広告デザインやアートワークを紹介しています。