4月 18, 2017

デザイン事務所の面接前に準備しておきたいこと

デザイン事務所の面接

ポートフォリオ(作品集)はしっかりと作っておく。

デザイナーがデザイン事務所に就職するためには、面接があります。デザイナーがこれまで経験してきたこと、今やっていること、今後やってみたいことをきちんと分かりやすい形でデザイン事務所に伝えることが重要になってきます。

デザイナーとしての過去、現在、未来について、あらかじめノートなどに書き出しておくと、スムーズに質問にこたえることができ、デザイン事務所からの印象を上げることに繋がります。デザイナーとして就職面接を受ける場合、ポートフォリオの説明を要求してくることもあります。ポートフォリオをデザイン事務所の担当者に見せながら、質問を受ける形が予想されますので、あらかじめ想定問答集を作っておくと、やりとりに困る可能性は低くなります。ポートフォリオをしっかりと作りこむ上で、過去のデザインと現在のデザインの違いが分かるようにしておくと、見る側がデザイナーの成長を確認することができます。

また、デザイン会社によって得意分野が色々とありますので、面接を受けるところが専門にしているデザイン内容に近い作品を盛り込んで起き、プレゼンテーションを行うことも重要です。

礼儀正しさや言葉遣いも重要。

デザイナーにとって、一番重要なのはデザインの能力です。しかしながら、デザイナーも社会人ですので、礼儀正しさや言葉遣いも重要になってきます。面接の際に、挨拶ができなかったり、面接の担当者にきちんと敬語が使えないような場合、デザインの能力が高くても採用してもらえない可能性があります。デザイン事務所としては、デザイン能力に加えて、社会人としてのマナーや常識があるデザイナーに来てもらいたいと考えています。

一緒に働き出しても、挨拶ができないようなデザイナーは、チームワークに悪影響を与える可能性があり、職場の雰囲気が悪化する可能性があります。面接が始まる前にきちんと挨拶をして、時間を取ってくれた担当者の方にお礼を伝えた上でポートフォリオの説明に入るようにしましょう。デザイン事務所に限らず、企業や役所の就職面接では、第一印象が大きな影響を与えると言われています。きちんとした日本語を話すことで、担当者も良い印象を持ってくれます。

個性の出し方は、会社の雰囲気によって見極めよう。

面接

デザイン事務所で面接を受ける際の服装としては、ジャケットスタイルが無難です。デザイン事務所によって、服装が自由なところもあり、「私服で面接に来てください」と言ってくるところもあります。「私服面接」の指定がある場合でも、ジャケットを羽織る形や、清潔感のあるシャツスタイル等の私服で行く方が無難です。

特に服装の指定がないデザイン事務所では、ジャケットスタイルで面接にのぞみましょう。デザイン事務所の担当者が私服の場合も多いでしょうが、ジャケットスタイルで面接に来る人に対して悪い印象を持つ人はそれほどいません。

デザイナーはクリエイティブ職ですので、面接担当官はポートフォリオの中身を重視してきますが、あまりにも奇抜な服装で面接に来る人に対しては、「働き出しても、外部の人と会わせられない」と思われるリスクがあります。実際にデザイン事務所から内定が出て、働き出してから、同僚などの服装を見ながら、少しずつ自分の個性を出していく方が無難です。「私服面接」のデザイン事務所でも、ラフな服装で面接に行っていいわけではありません。面接時の挨拶や言葉遣いもそうですが、服装にも最低限のマナーは求められます。本当に自由なところもありますが、事前にそういった情報を集めるのは困難です。

 

ブログのトップへ

広告デザイン事務所AMIX (top)


  1. TOP
  2. デザイン事務所AMIXのblog
  3. notes
  4. デザイン事務所の面接前に準備しておきたいこと