Skip links

チラシはデザイン一つで宣伝効果が変わる

チラシは宣伝方法として非常にポピュラーです。せっかくお金をかけて宣伝をするわけですから、最大限に効果が得られるように工夫をする必要がありますし、よく考えないで行えば逆効果になってしまいます。

チラシのポイントの中でも一番大事なことはデザインです。中身を見てもらわなければ意味がありません。チラシは様々な企業や団体が出しています。競合他社以上に興味を惹かれるデザインでなければ、スルーされ効果がなくなる可能性もあります。

問題は思わず目を引くようなデザインが良いとは限らない点です。派手すぎても悪い印象を与えてしまいます。例えば、落ち着いた雰囲気を売りにしている商品やサービスを提供している企業が、いくら目立っても品のないデザインのチラシを出してしまえば、商品に対する信用も失いかねません。しかし、おとなし過ぎるデザインにすると、他のチラシに埋もれてしまい、誰も目を通してくれません。

 

チラシの宣伝効果を左右するデザインのポイント

チラシの宣伝効果を最大限発揮するために、重要なデザインのポイントは、レイアウト・配色・フォントの3つ。デザインを決めるときは、アレも入れたい!コレも入れたい!と情報過多になりがちですが、文章や写真を詰め込みすぎてしまうと、わかりにくくなるでしょう。

レイアウトは伝えたい内容に優先順位を付け、メリハリを意識することが大切です。配色もゴチャゴチャするのは宣伝効果を低くする原因です。統一感のある配色にして、ピンポイントで別の色を使うと目線を誘導しやすくなります。

色の効果を意識するのも重要で、例えば食品系のチラシなら暖色が良いでしょう。赤やオレンジといった暖色は食欲増進の効果があるので、チラシに掲載されている料理や食材の写真も美味しく見えて、買いたい!と思わせることができます。

文字に使うフォントも、チラシ全体の印象を左右するポイントです。例えば明朝体なら上品な印象を与え、気軽に立ち寄ってもらいたい店舗には合いません。フォントは、紹介する商品や店舗のイメージに合わせて選ぶことが重要です。

また、キャッチコピーを大きく使い、それに関連する写真を使うなど、一貫性を持たせることが大切です。キャッチコピーと写真に一貫性がないと、読み手に意図を伝えることができず、宣伝効果も落ちてしまうので、一貫性を持ったデザインにするのは一番重要なポイントです。

店舗のチラシなら、営業時間や電話番号などをわかりやすい場所にデザインすることも大切です。パッと見てわかる場所に営業時間や電話番号が書いてあれば、宣伝効果を高めることができます。

そして世の中には、同じよう商品やサービスが少なくありません。

例えば、サービス業の外壁塗装会社などを見てみると、いくつかの業者の中から、素人はほとんど違いが解りません。業者側からすれば、それぞれの売りはありますが、宣伝している内容だけを見ても、なかなかわからないものです。このような場合には、金額で選ぶ可能性が高くなるでしょう。

その時こそ、チラシのデザインが重要になってきます。チラシのデザインは、目をくぎ付けにするものが効果的です。より新鮮なイメージを持たせ、インパクトに残るデザインが必要です。

 

チラシとインターネット広告の違い

昨今はインターネットによる情報発信が一般化し、企業や自営業者などはウェブサイトやブログ、SNSなどを用いて宣伝を行っています。

そのため、以前に比較すると宣伝チラシが配布されるという事例は少なくなっていますが、実はインターネットを利用した宣伝方法では得られない効果が有ります。

特に地域密着型のサービスや商品を提供している場合には、インターネットを利用して広く報知するよりも、チラシを作成し配布した方が効果的な場合があります。印刷しポストなどに届ける仕組みなので、手元に形として残る安心感があり、高齢者とファミリー層に根強い人気があります。

ポスティングの他、人通りが多い所でのチラシ配りは、一人一人に向けて手渡しするので、営業している方のお顔や、人柄を実際に確かめられるので安心感を与える事もできます。

チラシを配布する方法は、店舗の位置をより多くの方々に知って頂きたい時に効果的です。そのためには、人通りが多い所に出向いて配布するのではなく、あえて自身の会社やお店の前に立ち、街行く方々に対してチラシを手渡しする方が、より効果的です。

商店街などのように隙間なくお店が建ち並んでいるような環境下では、街行く人々は左右に建ち並んでいるお店に目もくれずに歩き去るので、自身のお店の存在に気が付いてもらいにくいのです。

そこで、自店の前でチラシを配ることで、お店の存在を多くの方々に知らせる事ができ、提供しているサービスや商品を理解してもらえるようになるので、来店する可能性が高まるのです。

 

チラシのデザインを精密に考え上手に宣伝する

チラシのデザインは、初めて商売を始める場合や、新商品を発売する場合には非常に重要です。ビジネスとしては、チラシを作って宣伝するよりも口コミで広がった方が、無駄な出費が少ない状態で宣伝できるので、非常にメリットがあります。

しかし、新規オープンや新商品でまだ口コミが広がっていない場合、積極的にチラシなどを使って宣伝するのが一番効果的と言えるでしょう。

ではどのようなものを作ったらよいか。これは商売によって異なります。基本的にチラシの運命は、下手なものを作っても大量にごみが発生するだけです。お客さまの眼にとまるようなものを作らなければなりません。奇をてらうようなデザインではなく、お客様にメリットを感じさせる内容が大切になります。

とはいえ、いくら内容が素晴らしくても目に留まらない事には意味がありません。多くの人はポストや新聞広告など、たくさんのチラシをたくさん目するので、自然と読まずに選別し、第一印象だけでそのチラシを読むかどうかを決めてしまうのです。

お客さんが最初に目にする部分が重要です。通常は左上が一番大事なので、その部分の情報・デザイン性に重点をおきます。そして、わかりやすく簡潔なデザインにします。

まずは最初の1行で目を引き、後に続く文章で詳しい内容を紹介していきます。画像なども上手に挿入し、体験談等も入れておきましょう。特に、あまりなじみのない分野に関しては、商品の紹介よりもメリットや、体験談の方が大切です。

 

チラシデザインの作成とまとめ

効果的なチラシを作るにはデザインが重要です。デザインのポイントは

  • レイアウト
  • 配色
  • フォント・キャッチコピー

これらを考慮し、商品やサービスの内容に合ったデザインにまとめるのは、容易な事ではありません。自分でデザインすればコストダウンできますが、中途半端にケチると台無しになってしまいます。

そんな時は、プロに頼るのも一つの手です。 専門業者であれば、どうすれば目にしてもらうことができるか、商品のイメージに合ったチラシを作ることができるか、様々考慮し、宣伝効果の高いチラシを作ってもらう事ができます。

チラシは、商品やサービスの内容・デザイン・コスト・配布方法など考慮する場面も多いですが、その分効果も大きいのです。

 

error: